ひとの影響をうけたい

他人に影響をうけたいと思っていた。例えば、彼氏の影響をうけて、音楽すきになるとか。本当容易い憧れしかなくてすいませんね、生きてて。という感じです。

たやすい憧れな、彼氏の影響で聴く音楽が変わる、好きな音楽が増えるという出来事を経たいと思って待っていたのだけど、私の人生にはありませんでしたー!

 

そんななか、大好きなTHE.TV.DINNERSのライブに行ったときにquizkidかっこいいからライブ観たことないなら観に行ったほうがいいと言われたことがあった。ギターがエロいから!と聞いて、ほお、艶っぽいんですねみたいな話をしたんだった。

 

8月3日のブッシュバッシュで念願に初めてライブを観てめちゃくちゃかっこいいやんか!とおもってCDを買った。

 

333

333

 

最初に聴いて、また聴いて、携帯に入れてまた聴いて、くり返し聴いていると本当に素晴らしい作品を聴いている気がして動揺した。こんなめちゃくちゃ良いCDを今の今まで聴くタイミングを逃していた私、やばくない?と瞬きもできない感じです。してますけど、他人よりめちゃくちゃまばたき多いです。目が乾くんだよ!

すごい好きだなあと思いすぎていて、この気持ちをどういう言葉に例えたらよいんだろうと考えたら尊いだった。2013年から現在まで私は一体何をしていたんだろうかと頭を抱えちゃうぐらい、本当によすぎて、最高なので今忘れないうちに書いている。

自分の人生なんて本当たいしたことなくて、生きてるのが大変だわと思うけど、好きな音楽に対して、こんな良いものを聴けたと思うとたいしたことないことはないんじゃないかと思っちゃうよね~。

他人から影響を受けることも依存させてもらうこともないんやけど、人から言われることを聞いたら素晴らしいことが待っていたので人間が言う事は聞くもんだなと思った。

9月14日はナインスパイスに行きたい! 

ハイ セイ 宴もたけなわ~

母が病気という事で入院~手術を経るので、7月22日に仕事を終えてから大阪に帰っていた。母は、パート先というか、周りの人にも病気ですねん、手術しますねんということは秘密にしていた。身内で唯一知っていたのが私と兄と近くに住む叔父家族だった。

うちの身内はなぜか医療関係者が多く、もし病気ですねん手術しますねんということを言えば、あの病院はだめだ、この薬はダメだ、その手術はダメだと口をはさんできてめんどくさいと思うねん。との事。安易にそのめんどくささを想像できて、お母さん正解!と思った。パート先に言わなかったのは、ただたんにめんどくさかったらしい。

パート先に娘のところにいくからという理由で長期休暇を取っていたため、私は病院と午前のヨガが以外なるべく外出を禁止されていた。近くのスーパーに行くときもめっちゃ自転車こいだり、とりあえず俊敏に動いていた。

母はバイタリティ溢れるひょうきんな大阪のおばちゃんなので、とにかく明るかった。

うちの母は、とにかく行動力が半端なくて、話が早い人。

母は看護師さんに連れられ、手術室に歩きで向かい、それを見送る私と従妹。看護師さんは、明るく見送る我々にとにかく驚いていたようで、この仕事長いけど、手術前にこんな明るい患者さんとご家族は初めてだと言っていた。普通にばいばい~!がんばって~!みたいなノリで送りだしたけど、これが永遠の別れだったら結構悔いあったかもなと思った。手術は無事終わり、一日、一日、回復していく姿をみて、腹腔鏡手術まじぱねぇ~と思ったり思わなかったり。手術前日とか次の日とかの姿をみてしんどいんやろうな、大変やなと思った。健康一番!と思った。不謹慎やけど母からきいた生命保険の話にあがってしまい、めちゃくちゃやばいな!と真顔で相槌を打ってしまうわけだった。母が、子供が病気だと自分が変わってあげたいと思うけどそれは無理な話やから自分がなって本当に良かったって、病気になったことに対しては何も思わないと言っていて、真剣に後追いするから頑張ってと返した。

母の友人のお子さんが病気になって、母の友人が「おかあさんが病気になればよかったな、変わってあげられなくてごめん」的なことを言ったら、母の友人のお子さんが「お母さんが病気になればよかった」と返したそうで、普通にひいた。

帰る日までずっと見舞いには行っていて、手術の次の日以外は、母のベットの上に座り、寝たり、野球を見たり、ネットをしたりしていた。絶飲食の母の隣で普通にコーヒー飲んだりしていた。見回りにくる病院関係者の人がカーテン開けた瞬間におどろいたり、仲良しですねと微笑んだりしていた。帰るころには水は飲めるようになっていた。

その週の日曜日にこっちに帰ってきたのだけど、母が入院しているのになあ~悪い娘だな~と落ち込んだりしていた。もう宴もたけなわやし、大阪にでも帰ろうかな、完全撤収しちゃおうかなとか思ったりもしながら新幹線でうなだれながら酒を飲んでいた。

うなだれながら、電車にむかい家にむかう電車に乗っていたら御飯の誘いを頂き、まだ今日を終わらせたくないという気持ちがあり、承諾。終わらせないぜー!と思いながら時間になり、小岩へ。明洞へ。

素面かつ夕方にいくんだ!と決めたあの日から数日経ったかな。普通に素面ではない。

エアコン壊れててあの世なのかなと思った。絶対終電で帰ると思っていたのだけど、楽しくてついついだらだら居座って飲んでしまった。

まだまだ完全撤収したくないなあ、もっとここで遊んでいたいなあ~と思ってしまった。今日を終わらせないために、小岩に行ったけど普通に今日は終わり、明日がきて、今日となった。次の日をむかえた私が一番、言いたかったことは健康一番!ということ。それにつきる。

8月の2週目からまた帰らないといけないことを思い出し、今週に夏の思い出というか、めっちゃ遊ぼうと決意した。

企画のこと【8月企画】

9月7日に企画をやるのになぜその前の週、8月30日平日の金曜日にやることになったか。それはブッシュバッシュアニバーサリーで自分の企画を行いたかったからという理由。来年よろしくお願いしますという感じだったのだけど、今年まだ空いてますよという言葉に甘えた形だった。

見切り発車的だった。自分がどのような内容にしたいかという考えが固まっていなかったし、平日ということもありブッキングが難航。遊びに行ったときに聞かれてもないのにブッキング状況を一方的に言い、ネガティブにやっぱ無理なんですよ、、、遠い目という形に報告を終えるという感じだった。

今回こういう方に成立できたのは、この報告終了後に的確な助言をもらったからなのかもしれない。面倒見てもらって有難かったし、こういう場所ってほんまにないと思う。こういうブッキングできたのもブッシュバッシュのおかげだと思う。

 

なのるなもない+岡本学志 natunatunaという組み合わせをブッシュバッシュで観れるのはとても魅力的なことだと思っている。

前にも書いたけどブッシュバッシュは色々な音楽が鳴っているし、いろいろな音楽を受け入れる度量の深さみたいなのがあると思っていて、そういう場所でなのるなもないのライブを観たいなあと思ったのが最初だった。降神の音楽やなのるなもないの音楽のファンだし、出てもらえるなんて1ミリも思っていなかったので結構浮足だっていた。取手でこの組み合わせでの演奏を聴きにいったのだけど、素晴らしくて、会場から出たときの夢から醒めた感がすごかった。電車乗る前に気づいたら駅前のコンビニで氷結かっていた。手にもっていた氷結の缶の冷たさで現実に戻ってきた感じはある。そういう感じを小岩で味わいたいと思っている。小岩だと現実にかえされるスピードすごいと思う。

演奏と紙芝居がある。今回しか観れないレアな内容だと思うし、自分主催のやつで本当申し訳ないなという気持ちさえ湧いてくる。岡本さんのギターすごいし、natunatunaさんの影絵本当すごいんですよ。音楽だけど音楽だけじゃないっていう幅広さがあって、いろんなひとにみてほしいけど、ひみつにしたいっていう気持ちもある。

こういうのは書くべきじゃないと思うのだけど、取手での演奏を観たとき、自分が音楽イベントを企画するという事はしないほうがいいんじゃないかという事を思った。音楽を作る人にしかわからない何かがある。

いつもライブ行って思っていることがあって、目当てのバンドのライブ演奏を20分観るためだけに約1時間ぐらい電車に揺られることがあって何してるこっちゃわからんなあって。自分がそう思っているタイプだったので時間は結構確保したいと考えています。まだタイムテーブル組んでないけど!自分が観たいからという概念はすごいな。

二度とはないことだからやっぱりこの日にしか観れないことがあると思って、来てくれた人には満足してもらいたい。出演順は一番最後です。誰にも言ってないけど。

8月30日のイベントを組む時に思ったのが、いつもみたいにバンドばっかりというブッキングをするのはやめよう!ってことだった。全く違う音楽を聴ける時間にしたいなと思った。バンドでブッキングするならふくろだ!と思った。

ふくろの音楽を好きになって年月がけっこう経ってしまった。人並ぐらいにはふくろのライブを観ている気がするのだけど、毎回違うライブのように思える。同じ曲演奏してる気が全くしないんよな。

私はこのバンドの音楽が好きだ!と思うと結構ライブに行ってしまうタイプなのだけど、やっぱり行けば行くほど似通った演奏の時は多いし新鮮さもなくなっていくのだけど、ふくろだけはいつもさっぱり新鮮な気分でライブを観てしまう。涼しい顔で演奏するメンバーの人をみて音楽をつくって演奏するという事は酷だと思ったりもしたこともあった。CDをリリースした時はCDの曲順で演奏してよと思っていたことはありましたね。

ふくろがやばいなと思うのは圧倒的演奏力はもちろんのこと、編成が変わってもなんのこと?って感じで演奏のクオリティが落ちることもなく、かっこよさが上昇し、継続されていくことですね。今はギター、ベース、ドラムという3人編成。

メンバーの皆さんが演奏力が高いからこういうかっこいいバンドになっているんだなと思っていたけど、編成が変わってもクオリティを維持するどころか上昇しているのをみて、ギターの金島さんがやばいんだなと金島ヤバイ説が2019年私の中で熱いです。ホットワード。何年か前にベースの新間さんに金島さんがムスタングを投げつけてぱかっと割れたという話めっちゃ好き。

 

DJMEMAI。MEMAIさんとは面識があり、DJとしてのライブにも行ったことがあり、めっちゃ良いなあと思っていた。

バンド演奏を聴きにいく日々が多く、DJになるとどう立ち振る舞っていいかわからない、気まずい、、、と思う事が多かった。DJイベントに興味があるけど、一人で行ってどんな顔をしてその場にいればいいのか本当にわからなかったし、そこそこ綺麗な服をきて綺麗な外見を装っていても、その場での立ち振る舞いがわかってなければ集中もできなかったし、場違い感を背負ってしまい、つらいなあと思うことが多かった。

でもMEMAIさんのDJだけは、そういうのが関係なく最初からドキドキして聴くことができたり、この音楽は何なんだろうという興味とか高揚感とかで鳴っている音楽に夢中で気づいたら時間が来てるような感じだった。

今回こういう趣向でやろうと思ったときに、DJ MEMAIが頭に出てきて、出演してほしいと思った。夢中になって時間を忘れられること、自分がどういう人間という事は別にただ音楽が好きという事が企画目的につながるように思えた気がした。

 

音楽が好きでもそのイベントに興味があっても、場違いかな~とか自分が行ってもなあ~とかいつもいってるやつと違うしなあ~という邪念がすごくて行けないことが多々あったり、好きな人やけどライブ時間がなあ~とか場所がなあ~という思い(基本的に全部自分がそう思っている)をすべてまるっとしてもらえたら嬉しい。

 

一人で行くのがつらいという方がいたら安心してほしい、主催者のあたしもバリバリ一人です。転換時間だけ我慢してもらえたら、居心地の悪さを我慢してもらえたらと思うけど、会場のブッシュバッシュは本当に居心地の良い場所なので安心してほしい(ソファーなんて座り心地が良すぎてここで寝たいと思う感じです。)

 

気休めじゃなくてブッシュバッシュは座る場所もあるし、バーカウンターにいるスタッフさんもやさしいし(すぐお酒買っちゃう)、一人で来てもライブを楽しめるとても良い場所だと思うので来てほしい。

お客さんの入りによりますが、フリー駄菓子も用意しようと思うのでよろしくお願いします。

 

20時スタートという遅めの時間帯なのでお仕事帰りのかたぜひよろしくお願いします。

私は仕事を抜けれるのか!?という心配は結構してます。

7/14

7/14

朝早く起きてヨガに行った。しっかりレッスン2本受講した。2本とも体動かす系のハイパーなレッスンだったので最後のほうはばててしまい、ヨガ先生に最後のほう疲れていました?と聞かれ、うわばれた!ばれていた!、恥ずかしと思って、一世一代の愛想笑いをしてシャワールームに走った。体力の限界というか、ヨガを始める前までは、運動らしいことは何一つしたことはなかったのでヨガに対してはまだ伸びしろはあると思ってやっている。前に住んでた家から近いヨガスタジオに通っていた時に大好きだったヨガ先生もたっちさんはまだ伸びしろあるから頑張ってって言ってた。この先生大好きだったからこの人が言うことは100パーセント受け入れている。スピっている。何かにすがりたい、そんな夏の日です。ていうか初夏?ていうか季節感とかなくない、最近ってっ感じですね。

ヨガが終わって、洗濯が終わらず家を出るタイミングをのがす。ブッシュバッシュに行こうと思っていた。ていうかチケット予約してなかった。ドリンクというか酒を飲まなかったら当日と前売りの違いなんて大したことないと、澄ました顔で小岩にむかったけど、だめだった。普通にというか今日も元気だ、ブッシュバッシュの酒はうまい!という感じでめちゃくちゃ飲んでしまった。なぜ学習しないのか、カウンターに行かなければいい話なのだけど、吸い込まれていく。なぜだ!久々にノザワBAKEのビスケット食べれたのでやっぱ飲んじゃうよねって感じなんだよ。甘味は正義だ!カロリーの鬼だ!健康的に丸いぞ!福福しているぞ!

今日来た理由は愛媛からいらっしゃったTORNCOATというバンドを観るためだった。ここでも何回か書いてる気がするけど私はTV DINNERSが本当に好きで、本当に好きなバンドと一緒にイベントに出演していた(気にしていた時は一緒にやるという段階だった)バンドは要ちぇきらーやんかという事でずっとライブを観れることを楽しみにしていて、それが叶ったのが今日だったって話。しらこいなーと思いながらTVDINNERSのTシャツを着てブッシュバッシュに行ったのだけど、誰にも何も言われず、寂しくなった。

ライブはめちゃくちゃかっこよかった。ずっと気になるバンドが近くでライブするってなっても自分なんて関係ないし、観にいくのもなあっていう謎の遠慮が出て行かないことが多かったのだけど、今回はその遠慮が出てこなくて本当よかったなって思った。鳴ってる音がこんなかっこよくて、楽しいと思う事を想像していなかった。

従弟が愛媛に住んでるので、叔父が愛媛に行くときにいつもついていっていたんやけどこんなかっこいいバンドがいるなら、愛媛でライブを観たいぞ!とまじで思った。 

ブッシュバッシュとの雰囲気とも合ってたし、すごい飲むバンドなんだろうなあ(想像)とも思い、またすぐにでも東京きたら行きたいなと思った。

物販でCDを買って、TVDINNERSが好きでその流れで気になって観に来たんです。みたいなことが言えたらなあ~と思ったけど言えなかったので、ブッシュバッシュのコーヒー焼酎牛乳割をひたすら飲むばかりでした。

初めてお会いしたブッシュバッシュのスタッフの方が、かわいいなあ、顔めっちゃ小さいやん、ゴマみたいなサイズやんと思って、気づいたら話しかけていた。

可愛さが尋常じゃないのは間違ってなかったのだけど、絶対年下~と思っていたら同じ年だった。我々はトラッキーの一個下。

楽しい昼下がりだった。

 

7/9

7/9

会社で商品のデザインを作るということが決まったのが4月ぐらいでそこから業者を探していた。何回か書いてるかと思うんやけど基本的に私は経理と総務とかしかやった事がないのでデザイン会社、印刷会社を探すという事は手馴れてない。

同僚の女性の旦那さんが同じ業界なのでその会社が使っているデザイン会社を紹介してもらって、見積をもらって、作業をすすめるという事になった。この決断が本当に地獄の始まりで、結果的に、あまり来ないような怒りがわいてきて、あ、精神衛生上だめだわと思って、会社に説明してキャンセル料がかからないように断って、そことはお別れをした。最後の終わり方も、仲違いしたままのカップルのような終わり方で、もう恨みしかねえ!!というか私は悪くない、お前(私)が悪いという感じになり、もう本当にどうでもよかったのでキャンセル料がかからないなら何言われてもええわという感じでそっと届いたメールを全消去したのであった。

そこから、精神を盛り返して、いやーやっぱ業者も男性も紹介はあきませんわという気持ちに無理やりもっていき、インターネットの申し子ことたっちの実力を発揮してやるわ!という勢いで業者検索。検索エンジンで必須ワードをたたきまくり、ホームページを熟読→電話→アポを取るという流れ。同僚の人、狂ったように電話していたねとのこと。

基本的に内容がわからないから反論ができないしだめなんだと思って、インターネットで印刷のことを勉強。とにかく勉強。4件ほどアポをとって、話をきいてもらって、教えてもらって、見積を出してもらって、費用面と担当営業さんが優しそうなある会社でやることに決めたのであった。それが先月。

担当営業さんは支店長さんなんやけどとにかく親切で、話しやすくて、優しく、腰の位置がとても高い。デザイナーさんとも直接話ができたし、もう言うことないっすわ~という感じで他の業務もその会社に任せられるし、気軽に連絡できる話しやすい人なので本当救世主かなって思ってる。

今日はそのデザインが完成され、サンプルをもってきてくれたのだけど、デザインも超良くて、担当営業さんの背後から光が見えたような気がしてとにかく拝みたい気持ちになった。

あの時の自分が救われたような気がして今はなんか嬉しい。

最近のこと

仕事の帰りに同僚の人とたまに飲んで帰ることがある。同僚の人は結婚しているので話はもっぱら仕事の話か同僚の人のやばい友達の話か、酒か食の話か、わたしに婚活をすすめる話。

同僚の人の友達が婚活で結構痛くなっているという話を聞いて、そういう痛さなら負けませんよと言って聞き始めたのだけど、私が予想する斜め上の感じだったので、同僚の人に、そんな人と毎月あってごはん食べてその話聞くのしんどくないですか?と聞いた。回答はしんどいとのことでした。

同僚の人にちゃんというてあげたほうがいいんちゃいます?痛いでってと聞いたら、忠告しているけど全く聞き入れないとのことだった。

その流れでだいたい、たっちさん婚活パーティー行ってきてよ、活動を報告してよという話になる。すべるのわかってるし、最近は結婚というかもう余生がいいよねって感じなんですよね。みたいな話をしている。16時半まで適当な仕事して、18時から野球観始めるみたいな感じ?みたいな。

後は、仕事の話しながら、日本経済につなげて、諸悪の根源はこれなのかと200円未満のサワーを飲んでますね。

母病気~母手術~母死んじゃう!?~私どうする!?みたいなことを繰り返し考えていたり。中旬に帰っても実家に一人かという事と、お盆に帰っても一人かという事とか考えると本当気持ちがますます暗くなってきて大変。頭に浮かんでくることを整理するべきなんだろうけど整理したくないし、漫画ばっかり読んでいた。漫画ばっかり読んでんのと聞かれることもないからガンガン読んでる。漫画は良い、だいたい救われるから。

私の気持ちが救われる日はくるんだろうか。

日記もネットも早くやめて、とにかくなんとなくぼーっと生きていきたいね。そんな日がくるんだろうか。

 

麓健一さんのライブを観に行った話

7/5と7/7に麓健一さんのライブを七針に観に行った。両日とも良かったと思った。良かったというか麓さんのライブを観るのが本当に久しぶりだったし、久しぶりポイントが高騰していたのかな、どうなんだろうかと日曜日のライブが終わってから2日のライブを思い返してみた。久しぶりポイントの高騰は関係なく、とてもよかったと思った。

麓健一さんの音楽を家でだいたい暗い気持ちの時に暗い気持ちに拍車をかけたいと思いながら聴くんだけど、聴いていると暗い気持ちが拍車にかかると同時に少しだけ暗い気持ちが軽くなるような気がしていた。

最近は暗い気持ちの時には明るい音楽を聴いて気分あげてこうぜぇ~という事が多いし、暗い気持ちの時にあえて暗くなりにいったりはしない。(そんな時は早く寝てる気がしますね)

過去とっていっても数年なんやけど自分の音楽の付き合い方が変わっていて、麓さんのライブを観て自分は何を思うのだろうかと最初は疑問だったのだけど、美しいという印象をとにかく持った気がする。金曜日のライブは、目の前で(というか遠かったけど)演奏している人は生きている人でない気がして、生気が感じられないという言葉があっているのだろうか、よくわからないのだけど、演奏は美しくて繊細なのだけど、そう思った。変わって日曜日は、同じ人なのかと思うぐらい生き生き?顔色がよく?なんか適切な言葉がよくわからないのだけど、演奏のテンションが高いように思った。

ちょっと和気あいあい感?を感じたり。ピアノでホソマリ、ギターで大野さんが演奏に参加したからなのかな、それとも日曜日だからかな、と考えてみたのだけど、麓さんがMC時に金曜日のイカナイトがあったからタコタコアフタヌーンがあるみたいなことを言っていて、金曜日を経ているから日曜日がこういう感じになっているという事なのか!?と思った。

金曜日と日曜日、両方いってよかったなって思った。違ったものを観れたような気がした。自分的には日曜日のほうが楽な気分で観れた気がする。

帰りに1駅歩いて帰ったらずびぬれになった。

 

美化

美化

 

 

 

7/8

7/8

自分の仕事がもはや何かがわからない。頭がおかしくなったのか?って感じではなくとにかくなんでもやらされる。

過去と比べると、丸投げなのでいちいち上に確認する手間や、上にお伺いをたてる必要がないので楽。めちゃくちゃ楽。あと、全部自分でできるので他人を気にすることなく自分のペースで進められるからめちゃくちゃ楽。やったことのない業務とか丸投げされる業務等、たくさんくる仕事に、もう!知らんし!と思う事があるのだけど、やり始めたらふつうにできるし終わる。だから全然良いのだけど、業務をたくさんふるのだったらそれなりの対価をよこさんかいと思ってしまう。思ってしまうというか思っている。とにかく、対価を提示されてから役務の提供を行いたい。みあってない、う~んって思うのは育った環境のせいか。仕事ができてもなにも意味がないと思う。明日は賞与かもしれない。

仕事中に景品表示法を調べる未来は過去の私は予想もしていなかった気がする。この会社にきてとりあえず調べるくせみたいなんがついたんで良かった。人生で一番消費者庁のページを熟読している。人生で消費者庁のページなんて見ないか。みないな。

 あまり問い合わせがこない先から商品の問い合わせがきて、質問の内容が本当にバカで、たっちの目の前?がいっぱい~という感じだった。右から左に流せるところは楽でええよなと思った。

Enema Of The State

Enema Of The State

 

 月曜は気分があがる曲を聴きたい気分になるね。

 

企画のこと【やろうと思った理由と9月企画の事】

8月30日と9月7日に小岩ブッシュバッシュ(〒133-0056 東京都江戸川区南小岩7丁目28−11 ファストセントラル1F)で企画をやらせてもらいます。

去年コンピを作ったのでレコ発をやりたい、1日通してやりたい、という無理を聞き入れ、お世話になったことで、私がもっていた小岩ブッシュバッシュに対する壁(というか偏見だな)がなくなり、ちょくちょく遊びにいくようになって、考え方が変わってきて、またここでイベントがやりたいなあとおもったのが始まり。

考え方が変わってきたと書いたけど、知らなかった事を知ったってのが適切なのかもしれない。

こんなに色々な音楽が鳴っていて、色々な音楽を受け入れる度量の深さといえばよいのかな、適切な言葉が浮かばないけど、そういう場所が存在する事を知らなかった。

 

最初は9月の企画で、アンドヤングを呼びたいぞ~!と思って行動に出た感じ。アンドヤングに企画に出演してもらった事は数回あり、いつもここ(ライブハウス)でアンドヤングが観たいぞ~!と思って企画していた。二万電圧で観ても秋葉原グッドマンで観てもアンドヤングの空気は何一つ変わらなかったように思ってて、どこでやってもアンドヤングの音楽がライブハウスの雰囲気を変えていくような気がするんでブッシュバッシュの雰囲気をどう変えるのかが気になっている。

今回はコンピに収録している曲を演奏してほしいという思いからand Young...ではなく初期のアンドヤングという名義での出演です。初期編成なのでドラムの方が違いますね。

 

アンドヤングを呼ぶなら共演は絶対ヨシュアカムバックだ!と思い出して数年。叶いました~。ヨシュアカムバックは東京という狭い区域で限定するならもちろん一番よいうたをうたっていると思うし、とにかく演奏がうまい。(前回の企画の紹介文の時も書いたな)生きていると毎日繰り返して同じ仕事して死ぬまでこれかと絶望を感じるのだけど、ヨシュアカムバックのカッパーフィールドの嘘とか聴くと毎日同じことを繰り返していてもよいのか、これも人生!って思うので日常をうたわせたらこんな最高なバンドいないんじゃないかと思います、私的意見ですけど。毎回、ステージドリンクとしてのお酒が何か気になっています。小岩が似合う女~ボーカルよしこさんの飲みっぷりに注目したいと思います。

 

初めてシャラポア野口さんのライブを観た時は衝撃だった(遠い目)衝撃だったというか観たことがないものを観た、あかん、、という衝撃とこんな人がいたのか、ていうかこの人なんなん?という衝撃と、このスタイル何!?という衝撃ですね。桑名正博?やしきたかじん?情報が多すぎる。

とにかく、気になった。話しかけて接点をもっておきたいという衝動が抑えきれず、すぐ話しかけて、すぐオファーし、今回の出演に繋がりました。

 

ここまでブッキングしてちょっと自分の思考回路がおかしくなり、つんだわ~と停滞モードに陥ってしまってて、あ~ちょっと頭抱えさせて頂きますねという感じになった。

停滞モード期にもブッキングは、つんでからですよ、色々みえてきますから的な感じで励まされたり、どういうバンドにオファーすれば合うのかというアイディアを出してくれたり、まじ共同企画って言ってもいいんじゃないってぐらい一緒になって考えてもらえたのがありがたかったです。神ィ。陰で神と言ってます。

 

思考回路も回復し、家でロック墓場のCDを聴きながらロック墓場のライブが観たいな~この前名古屋行けへんかったしなあ~、いつから観てないんやろう~観たいな~そうや!オファーや!と思ってめちゃくちゃダメもとでオファーしたのが今回の出演に繋がりました。ロック墓場のかっこよさは潔くて最高!と思っている。ライブを観るのが本当にめためた久しぶりなので楽しみですねとしか言いようがないです。

 

最後に決まったのはビニールハウス5。無国籍アヴァンポップを演奏する5人組ですね。

実は去年の企画にお誘いしたかったのだけど、ドラムの人が抜けて新しいドラムの人が入ってという感じで、タイミング的に全然ダメだった。復活ライブ観にいって本当に良いなあと思ったので今回出てもらえてうれしい。個人的に今回は異なる良いボーカルの人がいるっていうくくり(結果的にそうなっただけかもしれないけど)。永遠に聴いていたいというか聴き続けられる圧倒的演奏力とバランスがあると自分では思う。この組み合わせで観れるのは嬉しい。  

 

以上、の5組で35分ぐらい演奏してもらいます。ブッシュバッシュは座れるし、転換時間何したらいいかわからなくて、ぼーっとフロアにたっているということはしなくていいし、(椅子、テーブルある)、休憩する場所?座れる場所?逃げ場所?があるのでめちゃくちゃ快適だと思うし、お酒等豊富なので快適に過ごせると思いますので是非来てほしいです。

日曜日

6/30

朝起きてヨガに行った。午前中にヨガに行かないと行く気がなくなるので休みの日は無駄に早起きしている。まあ昼寝するけど。

好きな先生のレッスンで、すごい勉強になるなあ~と思った。アジャストしてくれる人がいいし、やっぱヨガ先生のうちからでる気?みたいなのがレッスンの良し悪しに関わってくるんじゃないかと思った。私、ブリッジできます!らくだのポーズが初めてできた。嬉しいね。ヨガ先生に話しかけられたら陽気に返すということを心掛けているので今日も陽気に話した。

吉祥寺のNEPOというところへ、ヨシュアカムバックとビニールハウス5を観に行った。吉祥寺にきたのはいつぶりだろうか?と考えたら、1年ぶりぐらいだった。

1年前は友人と朝からビール飲んでたらふく食べたまんぷく時間を過ごしたなあと回想。吉祥寺の駅からNEPOまで歩いている途中、本当に合っているのか、これを越えたら建物があるのか?なんでこんなに歩かないといけないんだろうか、と疑心暗鬼になって、もう帰ろうかなと思ったけど踏みとどまった。なんとか着きました~NEPO。QRコード付きのリストバンドをもらい、会計は帰宅時にってやつ。ドリンクやフードを購入するのに財布を出さないというメリットすげぇ~と思ったけど、財布の中身を確認しないということはたっち経済の崩壊を意味するんではないかと思った。あとから思ったけど、飲むやつはどういうシステムでも飲むから我が経済の崩壊はどんな時も一緒ってことですね。

ビニールハウス5もヨシュアカムバックも超良くて来てよかった~と思った。照明もステージもかっこいいし、音響も良い気がしたので居心地はめちゃくちゃ良かった。

配合する系のお酒はめちゃくちゃ薄かったのでビールをずっと飲んでいた。カップをそのままにすれば10円引いてもらえるしすごいお得な気分だった。

最近のこと

人間の欲求ってなんなんやろうなあ。最近多い欲求は飲酒欲、餃子欲、寿司欲です。すぐ満たせるでおなじみの欲求。満たせない欲求は欲求ではない気がするねんなあ。

何の話かというと母が病気になった。手術が必要だあ!ドクター!という感じ。以前から思っていたことがあって、母が死んだら自分も死ぬだろうなあ、生きている意味ないしという事。親が死んでも子供のために生きる!という事があると思うけど、母が死ぬとすがるものがひとつもなくなってしまうのできっと死ぬと思う。後追い的な~。

まあそういうのが現実になって、自分が死にたくないというよりも、母親が死ぬ、母親がいなくなった世界に一瞬たりとも自分がいることを考えると本当まじ無理だよな。って思う。想像しただけで嗚咽を催しそうになるね。

母からの報告をうけたのが、同僚の人と飲んでるときだったのが救いだった。母の報告を聞いて、めちゃくちゃ違和感だったのが、めちゃくちゃ元気だったってこと。体調大丈夫なのか?食欲はなかったんじゃないのかと聞いてみると、体調も食欲も絶好調!と言っていた。中畑清もびっくりだわ。会社に事情を説明して数日間休ませてほしいといったら、話が早くいいよという事だった。何より大事なのは身内って言っててまじ話わかる~と思った。中旬に数日休むくせに、オールスターいきたいんで早退したいっす!っていう希望もすかさずアピールした。うちの会社は野球に寛容なので、そういうときは休んだほうがいいってなぜか休むことを勧められたけど、東京ドームなので早退で大丈夫ですと言った。

仕事の話やけど、ついに経理~事務全般から営業の弟子っ子になった。弟子っ子手当も少なからずつくらしい。給料アップ!最高やんか!これでキャリアハイも夢ではない!

仕事は苦ではないのだけど、全方面に良い顔をしないといけないのがつらい、己を見失う、自我が崩壊。この会社に入って多々感じたことは、日本経済の悪いとこわかる~!そりゃ景気あがらんで~!っていうことが多々ある。日本経済の縮図を目の当たりにできて何よりですって感じだけど、200円未満のサワーを永遠に飲みながらこれが日本経済と私の肝臓を悪くする根源なんか!って思ったり。健康診断では、貧血以外悪いところはない。

8月30日と9月7日に小岩のブッシュバッシュにてイベントを企画する!母も病気やし、わたし営業の弟子っ子になったし、次はいつできるのか~というか、まあそろそろ辞めないとなあっていう感じもあって、宴もたけなわだし~みたいな。ぜひ来てほしいですね。去年お世話になったブッシュバッシュでまた企画をやらせてもらえるのが嬉しいよね。ちょくちょくブッシュバッシュに行くようになって、他のライブハウスよりもいろんな音楽が鳴っている印象があるし、私みたいなやつにも企画をやらせてもらえる寛容さ?やさしさ?適切な言葉が思いつかないのだけど、すごい場所だなって思っている。

音楽は好きだし、ライブを観るのも好きだけどこの年齢になると肩身が狭く感じる。

結局知り合いが多いほうが有利なんでしょ?っていう思いは10年経ってもそう思うし、まあ保守的な自分が悪いんでしょうけどね。何回目か忘れたけど今年で10年目で、出演してくださる方(してくださった方は)は、自分の長々としたオファーメールに丁寧に応えてくれた人だと思うし、やってきたことだけは否定はしたくないなあと思う。

数か月無視→断りメール、基本無視などいろいろあったね。返信しないんやから断っているものと同じ、空気よめっていうのも好きじゃない。

今回も良いブッキングができたし、興味を持ってきてくれた方に来てよかったなって思ってもらえると思うから告知活動頑張る。

久しぶりに立体的に洋服を買ったら、全部柄ものだった。平常運転です。気分転換に髪を切ってきたので明日からもう大丈夫。ちゃんとできる。

ちっとも

6/19

仕事。物流倉庫にいって仕分けという泥仕事?いや重要なミッションを承っていた。物流倉庫がある土地は遠く、交通の便が悪い。早い話行くのが面倒だった。

いい天気だな、帰りたいな、酒でも飲みたいなと思いだけがループ。物流倉庫付近は、風が吹くと心地よく、コンビニで酒でも買ってぼーっとしたいわという気持ちだった。

物流倉庫でさっさと作業をすませ(でも1時間半もかかった)、会社に戻る。のどかすぎて、、夏ももうそこまで来ているのかもしれませんね。という気持ちになった。

帰りの電車で作業の疲れが効いてきて、死ぬのかなと思った。年齢が年齢だ。

会社に戻ったのは定時間際で、急いで片付けて、浅草橋にむかった。

君島さんに借金していたので(500円)その返済と利子分の甘い物を届けに行ったわけだった。甘い物を購入したときに、脳が疲れすぎていたため、杏仁豆腐とチーズケーキのようなもの(カップに入っている)を購入していたのに、君島さんにマンゴープリンですと説明していた。

まあカップに入ってるやつ全部プリンってくくってもええと思うけどな、みたいな大雑把さはあります。

借金返して、海外出張の御土産を頂いたので、金利分として仕事で残った蟹を渡してきた。これでチャラだ!

以前に君島さんに丸いほうがよいという話を説かれ、丸さをキープすべきだと言われていて、正直丸いというかただただ太っているだけやし、生きていく中でとても疲れる重さなので自分としては痩せたいわけで、まあ痩せますけどねみたいな話をしたことがあった。

今日、ちっとも痩せてないみたいで~と言われ、ちっとも痩せてないのちっともはネガティブな意味をしめすワードだよな、と思った。まあ痩せてない私があれなんだけど。

ふくろみた!

6/12

展示会に出展する親会社の手伝いにいった。東京モノレールに初めて乗った、多分。最近記憶がなういよね、過去は振り返るべからずだ!まっさらな私でいこう~!

初めて降りる駅で同僚の人と会場探さないといけないよね、でもそれっぽい人についていったら着くんじゃないのかなという事でそれっぽい人についていったけど、道の分岐点でわからなくなって、結局親会社の営業のおっちゃんに電話して迎えにきてもらった。親戚のおっちゃんと話す感覚で話している。親会社の取引銀行の担当の方がいて、すごい話やすくフランクで、腰の位置が高い青年だった。脚長いね、とか言いたかったけど。ひたすら試食をつくったり、試食をすすめたり、話しかけて話を聞いたりした。引き出しがものが増えていくと会話もスムーズにいくなって感じだった。最初はこの規模の展示会だったので完全になめていたけど割とよい展示会な気がした。蟹は鰻に負ける事実、衝撃だった~。鰻めちゃくちゃおいしい。展示していた商品がパクられたりして憤ったり、疲れが脚にきて死ぬと思ったり、油臭くて本当だめと思ったりした。

親会社の営業のおっちゃんから試食で出す鰻があまったから持って帰り~ということで鰻を手に入れた!お兄ちゃんとお世話になっている人に渡そうなあと思った。

会社に戻って、定時後すぐ会社を出て飲み屋へ。同僚の人と今日のビールは絶対うまい!ということでさくっと飲んだ。働くという行動は疲れるね。

ふくろに間に合うように、グッドマンへ。ケバブジョンソンよかった~。目的のふくろは、3人編成になっていたけど、めちゃくちゃかっこよくて、ふくろのライブを観るようになってから結構経つんやけどいまいちだなって思うことが一個もなくて編成が変わっても常に完璧な演奏で圧倒され続けていて、すごいなあと思うばかりですね。ふくろのライブを観ていると自然にさくっとクールにかっこよく演奏している印象をうけ、目の前で起こっているのが現実か疑わしく思う事もあります。

ライブ終了後、少々の営業活動を経て、帰宅。ダンボールで寝ているという2019年?新時代令和にまじかと驚いたね。ということも書いておこう。

浄化していこ

5/27

仕事。怒りで手が震えるという感じの事が起こる。業者の選定ミスったなあ~と思った。総合的に合わないという感じ。今回の事柄から学んだのは、業者も出会いも紹介はダメ!という事。受け身ではだめだな~、本当。

私はクソがつくほど末っ子体質というか末っ子で、母も兄もこいつは何もできないと思ってか意外となんでもやってくれた、やってほしい、待っていたいタイプなのだけど、これまでの人生、外にでて待っているけど何もないのでとにかく自分から動いている、積極性の塊、そう私。

あ~ここの業者使いたくねぇなあ~、ていうかこの担当者と二度としゃべりたくない、という事でインターネット検索の申し子ことたっちは、覚醒し、検索、そして電話という行動を繰り返した。今週と来週で4件来社予定をとりつけた。

来社予定に備えてとにかく、勉強しよと思い、材質などかたっぱしから調べた。

怒りという感じを仕事に向けてるやん私、大人になったな。心の中で生産性あげてこぉ~という号令が鳴り響かなかったり、鳴り響いたり。

家に帰っても、怒りが再浮上して、吐きそうになり、ストロングゼロを流し込んで、来社予定に備えて色々作って忘れた。

朝目覚めて、また思い出して、吐きそうになった。これは解雇スパイラルにはまったときぐらいきついなという思い返した。きつかった、浄化していこ~

日曜日

5/26

実家から午前中着で荷物がつくということで早く起きてスタンバイ。いつきてもいいように待つのが大人としての余裕かもしれませんねという意識はあった。

掃除をしたりしながら宅急便屋さんがくるのを待っていたのだけどいっこうにこない、永遠じゃない?永遠な気がするなあ。ヨガに行こうと思っていたのだけど荷物がこないし間に合わないし、なくなくキャンセルをした。

野球を観ながらゴロゴロしていた、3試合連続で7失点で2軍落ちを経験したガルシアやし期待せずにみていたのだけど、あれ、すごくない?、阪神タイガース強くない?という試合だった。荷物はまだこないので営業所に電話。午前中から何度も電話しているのだけど、折り返しの連絡がこず、また電話をした。わたしの荷物はセンターの中でぽつんと1人取り残されているんじゃないかという不安しかなかった。

不安通り、取り残されていたようで、なんで午前中やのにこの時間で、ていうか連絡してなかったらどうなっててんという疑問が募る。

配達してくれるドライバーさんから電話がかかってきて、文句いってやろう!と思ったけどこの人に文句言ってもなあと思ったのでやめたけど、きたらちょっと小姑的な文句を言ってやろうと思って、インターフォン越しに決意をかためなのだけど、扉をあけたら、めちゃくちゃ好みの人だったので、何も言えず、急いできてくださってありがとうございます。と丁重に荷物を受け取った。私ってまじこんなもん。ちなみにドライバーさんは阪神タイガースの木浪系のイケメンだった。お母さんに電話して事の顛末を語った。男前には仕方ないよねという雰囲気だった。親子そろって鼻筋が通っているイケメンが好み。おかあさんは木浪より近本派。

最近はネットをみる気もなく、なにもするきもなく、ライブ行かない日はただぼーっとしている。時間はすぐ経つ。気付けば誕生日まであと半年というか企画まで3カ月ぐらいだし早く決めないとなあ~という感じ。

阪神ファンでいるということだけで、とりあえず週末は精神が上下に動いていて、人間って感じです。何かあってよかったね。