普通に寝たい

7/10

7月に入ってからそろそろ賞与の季節だなとそわそわしていた。賞与と会わなくなってから久しい。そんな中、賞与支給のお知らせメールがきてそわそわする。ネットで確認できることが素晴らしすぎて何て言葉にすればよいのかわかりませんね。

そういえば、不当解雇にあった会社は、賞与支給の日になると昼過ぎにぞろぞろ本社にいって、現金手渡しという行事あったなあと思い出した。賞与をもらえるときまでいられなかったけど、社長のありがたいお言葉をきいて、現金手渡しという世界から抜け出せて本当によかったなあと思うわけです。今は振込だし、社長ノーコメントだし、本当に楽だ。解雇は運命だったのかもしれないな。

仕事が終わって、住んでいる駅の付近で飲み。仕事で仲良くなって友達になった人と3人で飲んだ。楽しいな。一人が誕生日が近かったので、ハッピーバースデー雰囲気を醸し出してみた。他人の誕生日を祝っている場合ではないとずっと思っている。

普通の事ができている、32歳をまえにしてわたし、めちゃくちゃ普通の人間生活を送っているような気がした。日曜に知人男性の筋肉を触りながら飲んでいたことを忘れるぐらい私の脳は都合がよい。

0か100しかないよねー、顔に出やすい、はっきりしているから女性特有のめんどくささがないとか、男なら好きになっていたと言われ、これは褒められているのかと疑心暗鬼だった。

23時前に終わって、家に一瞬でついた。楽だわ。返事待ちの案件が多くて、ひょっとして返事がきているのかとメールを確認する毎日なのだけどきてないね。ひょっとしてきているのだけど、気付かず、ずっと待っているというパターンに陥っているのかもしれないなと思いながら寝る支度をして寝た。

引越しして2週間ちょっと経ったのだけど、慣れないせいか睡眠があさい、快眠を求めている。

hey what's up的なあれ

7/6

 最近読んだ漫画。

永久指名おねがいします! 1-9巻 新品セット (クーポンで+3%ポイント)

永久指名おねがいします! 1-9巻 新品セット (クーポンで+3%ポイント)

 

 

リビングの松永さん(4) (KC デザート)

リビングの松永さん(4) (KC デザート)

 

 最近、漫画ばっか読んでいる!理由は現実がつらいからという10文字で説明がつくなんとも簡潔な世界に住んでいる。ヨッ!潔いぞ!たっち!と自分で自分をほめたくなるような気分にはならない。

ツイッターも適当なことをつぶやくだけで情報をでぃぐっていくような感じでもないし、音楽も今まで聴いていたやつを再び聴くような形だし、進化がないよわたしの世界は。いつも同じことを繰り返しているような気がしてならない。

最近また超聴いている。feverが好きすぎて死ぬときに流してくれ~という気持ち。誰に伝言すればいいのか。 

Turn It Up

Turn It Up

 

今年は厄年。厄払いに行くまでは嫌なことが多くてこれぞ厄年!と思う1か月を過ごしていたのだけど、厄払いしてからみるみる事態は好転していき、職場環境は最高、引っ越しもでき、新しい友達とは頻繁に会えてるし、仕事も話せるお客さんが多くなってきたしという感じ。なぜか引っ越し代を会社が出してくれたので思った以上にお金をかけずに引っ越すことができた。最高だな、優しい世界だわ。

まあ現実世界で愛想よくしすぎて他にしわ寄せがいっているような気もするなあ。仕事中の私は、仕事もできるし超愛想がいいぞ!

水面下の活動は思ったより順調にいっていたけどここで一回間があいてしまうような感じになったけど、順調、もうとてつもなく順調。

企画のブッキングは順調ではないか、いや、今までが順調すぎたんだよな。

いつもながら他人が羨ましくてしょうがないと思うことが多々あってバカみたいだなと思った。

ネガティブになったり、他人と比べたりするのは、時間の無駄で、なんの役にもならないってことなんだよな。やっと最近そう思えるようになってきたのだけど。

厄年はスーパーやばいということを聞いていたので、この順調さを考えれば、終盤に私が事故で死ぬぐらいが帳尻合いそうだなと思ったりしている。

そう思いながら、会社のインターンというか日本語を学びにきている学歴の塊の中国人に、じゃりン子チエのDVDをみてみるのはどうか?日本語の勉強というか大阪弁の勉強になるぞとすすめたりしていた今日。

 

チエちゃん奮戦記 じゃりン子チエ DVD-BOX

チエちゃん奮戦記 じゃりン子チエ DVD-BOX

 

 

 

生活はたいへん

6/19

引っ越しをする。なぜか母が上京してくれることになり、別にええねんで、一人でできるしというのもあれなのですべてをまるっと受け止めることにした。

母が上京するので、兄におかんくるし晩御飯付き合ってやという旨をラインを送った。私はブラコン!とネット上でガンガンいってるけど、基本的には隠れブラコンで、兄の前では死ぬほどドライな対応をしている。最近まで連絡手段がラインではなくメールだった。ラインにかわって、スタンプを送られる間柄になった。阪神タイガースのスタンプだった。猛虎魂があふれているな。

ブラコン!とネット上でガンガン言ってるけど、現実的には、ドライな隠れブラコンで、私は正常だあ!という認識があったのだけど、正常ではないのかもしれないと最近思う。プラマイゼロの部分が兄だったりするところとか、完全に異常だと思う。

兄の方が話がおもしろい!とか金払いがよい!とか優しい!とか比べてしまうところは正真正銘のブラコン!とっても異常!と思ったりもする。

でも、ちゃんと働いていて金払いがよくて優しく、趣味があう男性がたまたま兄という立ち位置でいたらやっぱ良いやんかと思うやん。だから仕方ないし私は異常ではないと思う。最近、男女が出会う場所に出会いに行っているけど結果を残せてなくて、そういうのが原因なのか、いや、この外見と内面だから出会いに行っても一緒や!という感じなんだろうか。

母が電話に出ないし、阪神は負けているし、ツイッターの余震情報にびびっている。

私は母が死んだら生きている意味がなくなるので速攻で死ぬと思うのでおかん生きて!と思う感じで電話をしたら、なんともないで~生きてるで~とのことだった。

6/20

Cliff Dawson - Can't Get Enough - YouTube

クリフドーソンみたいな音楽が聴きたくて探している。タキシードとかそこらへんは聴いているのでそれ以外でご存知の方は教えていただければ大変うれしいです。

パースエーションズとstarpointは聴いたけどクリフドーソンのfeverみたいな曲を求めている感じになっているわけであるな。詳しくないくせにこういうのが聴きたいっていうのがあるのでめんどくさいなあと自分でも思っている。

仕事。業界新聞が回覧がきて、同僚の女性が前の職場で仲良かった得意先(大企業)のおっちゃんが関連会社の社長になったと、新聞の人事異動に載っていたのだけど、栄転なのか左遷なのかわからないという話をしてくれた。会社の場所を検索してみたら果ての果てで、栄転ならばこんな果ての果てにいかされることってあります?と推測どまりの話で盛り上がった。この業界は狭い。狭いらしいね。

最近、蟹に対してかわいいという感情がうまれてきて、同僚の女性にそのことをうちあけたらたっちさん大丈夫?頭うったの?引っ越しで忙しいの?飲みすぎ?等の心配をされた。冗談ではなく、商材である蟹に対してかわいいという感情がわきあがってきて、私も少々混乱している。代表にこの商品どう思う?と聞かれ、かわいいですと返してしまう自分のまぬけさ、やばいと思うんですよ。ツイッターでいう炎上レベル?この業界はわりと寛容なので全然炎上しませんけどね。

最近はまっている漫画があって、現実世界が大変つらい。もう5回ぐらい読んだ。熟読レベルだ。

 

恋わずらいのエリー(6) (KC デザート)

恋わずらいのエリー(6) (KC デザート)

 

 少女漫画の主人公は地味女子という立ち位置にもかかわらず、なぜ、機会損失を考えずこんなやすやすと自分の気持ちを言えるのかなぞすぎるぞ。謎というかまあ漫画やからなという説明で一件落着なのだけど。

この漫画の作者の人を天才だなと思っている。絵も最高にきれいなのだけど、主人公の拗らせ方が31歳の私でも共感できる。これすごい。イケメンなのにこじらせてるところも最高すぎて私は31歳なのに漫画を読みながらきゅんきゅんして吐きそうでしたよ。

現実つらいね、仮想空間に閉じこもっていたい。

リレーションシップが一番だよ

6/10

母の誕生日なので電話した。いつまでも元気でいてほしいなあと思っている。

ヨガ。好きなヨガ先生のレッスンを受けてきた。先生は今日もウルトラハッピーオーラを纏っていた。まぶしすぎて見えないという気分。神かよ。的な。

先生も私なんかは見えてないのだろうなと思っているのだけど、見えているようでアジャストを1回はいれてくれる。

ヨガ教室という場所で会わなくても私はこの人のことを好きだなあって思う気がした。ファーストネームにさん付けで呼ばれていたのだけど、今日はなぜかちゃん付けで呼ばれるようになった。まぶしかった。視力をなくした気がした。気だけね。

家に帰って、野球を見ながらぼーっとしていた。つらい、つらいぞという展開。つらいまま終了。

時間になり移動。のとさんと初めて2人で飲みに行くことになっていた。のとさんとは野球観戦という共通の趣味があって、それをきっかけで知り合った感じだった。最初に会ったのは、西武ドームでのオリ対西武の試合だったように思う。懐かしいなあ。

わたしはのとさんのことをこういう女の子なのだろうという勝手な先入観で決めつけていた気がした。勝手な先入観あかん、まったく違う感じだった。

話してて本当に面白いし楽しいけど、やばい子と出会ってしまったな、、、遠い目という感じなのは否めなかった。けど、考え方が似ていると思った。のとさんが話してくれたことが以前に自分が考えていたことだったりしていたので、そう思った理由。

会話していてわかる~と共感できる部分が多かったし、本当楽しかった。人と話して楽しいなあと思うのだけど、相手は楽しいなあと思ってくれているのだろうか、相手と私はバランスが取れているのだろうか、両方がイコールで楽しいと思う状態になっているのだろうかという気持ちは出てしまいますね。

 結構飲んで帰宅。自分が男なら東北の女と付き合って結婚した。

6/11

仕事。眠いというか頭の中はまだ寝ている気がしなくもない。起きたくなくて2度寝、3度寝を繰り返してしまう。繰り返してるときに見る夢はだいたい起き上がって会社に行く支度をしていたり、すでに会社にいたりするので、どっちが夢なのかわからなくなる。

雨なのでホームでいつものごとく滑りそうになったけど、ヨガで養った体幹のおかげか踏みとどまれた。日々感謝ですよ、本当。健康な体に感謝ですね。

代表が出張から帰ってきて一日事務所にいた。雑用をちょいちょい頼まれたりしちゃうので忙しかった。暇で就業時間中なんにもすることがない生活と比べたらまじで天国だなあと思っている。日々感謝であるな。(本当暇すぎて苦痛だったな、あの時の会社)

毎日行く場所があるっていうのは恵まれているし幸せなことだなと今の会社に入社してから本当に思っているのだけど、朝は起きたくなくて、ずっと寝ていたいなあと思うし、無職だった日を懐かしむ事もある。

仕事が終わってないけど、急ぎのものはないので定時に帰宅。家に帰ると寝ちゃう。

疲れて22時すぎには寝ようと思って布団に入ったのだけど寝れず、30分たっててこんなセンシティブな人間ではないんのになあ~、すぐ寝ちゃうタイプの何も考えてないタイプの人間なのになあ~どうしてかなあと考えていたら気が付いたら朝だった。センシティブになりたかったね。

 

6/12

朝。起きるわけだった。体がだるすぎてあ、これは死ぬと思うレベルだったのだけど、死ぬと思っていてなぜこんなにたくさん弁当用のごはんを作ってしまうのかという状態だった。自然の摂理みたいなやつかな!知らんけどな。

仕事。何一つうまくいかず、あ~体調が悪いっていって帰ってやろうかなと思うぐらいの不調だった。日々の生活がかっさかさすぎて宅配便の兄ちゃんに癒しを求めているわけなのだけど、今日はその兄ちゃんに2行ぐらいの文字数を発したという達成感を得ました。かわいい顔してたな。外で遭遇したらお疲れ様です!って挨拶してくれるようになりました。なんて好青年。

物流倉庫の好きな声の人と電話で何回かやりとりして、本当癒された。声が本当に好みなので、疲れた時に大丈夫だよとか言ってほしい。そういう願いがあると同僚の女性に言ったら、たっちさん大丈夫?と心配されました。大丈夫です、不調ですがわりと通常運転です。

仕事後、浅草橋の7階へ。感謝を甘味で具現化するタイプの人間なので、ずっと目をつけていた甘味屋で甘味を購入して、意気揚々浅草橋に向かおうとした数分後、買った甘味が崩壊しているのを発見し、言葉を失った。絶不調だったたっち大打撃。

これをもって、君島さんに購入した甘味、崩壊しましたーーー!っていう笑い話にはできんと思いお店に戻ることにした。私の持ち方が悪かったのか?それとも梱包が緩かったのか?もう返金うんぬんじゃなくて、そういう想定とかしないの?どういう気持ちで梱包しているのか?保冷剤の問題じゃねえ、いやいや今から知人にこれを持っていこうとしていた私の気持ちわかる?みたいな思いをぶつけてしまった。気持ちの整理がつかず落ち込む。今日は何やってもうまくいかないから7階に赴いて、すぐ帰宅するかな、、と考えながら浅草橋。

君島さんに流れを説明。私は今日感謝を甘味で表せない!ということになってしまったのだけど、アイスが食べたかったのでコンビニでハーゲンダッツを購入することにしました。これで感謝をしめせたのか。どうなのか。疲れていたのでナチュラルに氷結を購入し、7階で飲酒を始めてしまう結末だった。

水面下で行っている活動、順調。今回であ、まとまったという印象をえた。音楽でこういう温かい気持ちになることがあるのだなと作業されている音楽を聴いて思う。

この水面下で行っている活動が地上にあがってきたとき、どういう風に思われるのかと考えたりするのだけど、そういうことを考えるのはちょっと違う気がした。

自分が良いと思うことをするべきなんだよな、だれにどう思われるとかは本当に関係ない気がした。

君島さんとお話しているときに、私生活の件について、なめとんかと叱れることがあり、記念すべき日だなと思った。君島さんに叱られたり、悲嘆されたりするのわたしぐらいじゃない?やばくない?ぐらいなノリです。31歳の女性が叱れることはなかなかないし、悲嘆されることはない。

前回7階にきたときは、君島さん教祖っぽいっすね!といったけど、今日は闇金っぽかった。お金払っちゃうよね~という気分であるね。

自己肯定が低いのは過去に抱いていた抽象的な憧れが原因なのではないのかと思っていて、この年齢になるとその憧れが実現できないのは理解できるけど、やっぱり健康で元気ということではなく、ちょっと病的なくくりにはいりたいのですという話をしたら、予想していた以上にざっくり切られ、終わりました。ありがとうございますという話です。やっぱ健康一番すよ。

お金をかけてなにかをインプットすること、知的な何かを吸収することは、素晴らしいアウトプットにつながると思っていたけど違うのかな、日々の生活をきちんとするべきことが素晴らしいアウトプットにつながるのかもしれないなあ。

日々のうそ

6/4

仕事。最近、仕事が楽しいというか順調で怖い気分もありますね。

夕方に本社の総務部の部長と顧問税理士の先生が来社。来社した理由はわかるけど、その処理をグループ会社の我々がなぜ引き受けないといけないのかという疑問があった。

なんで私がやらなあかんのですかと言いたかったけど、大人なので言わなかったし、やっぱ会計の知識は自分の方があることはわかりきっているので何も言えないよね。

顧問税理士に何かある?と聞かれ、業務で思っていることを言った。

こういうときに簿記をちゃんと勉強しててよかったし、専門学校にいってよかったなあと思う。

就業時間後、引き続き同じメンバーで飲み。税理士の先生と総務部長に自分の大したことない知識をきかれたので、こたえたらあ、ちゃんとしているやつなんだなという認識をもたれたようだった。お前の部下の認識の方がやばいで~というのがこっちの認識だった。

この件で、税理士先生は本社を通さなくなった。私は、顧問税理士まで取り込めたらしい。

 

すべてをこえろ

6/2

不動産屋さんに行く日だった。録画していたドラマを観ながら支度をしていた。

今回の引っ越しで色々、不動産屋さんを回った。正直、小岩に住みたかったけど、該当の不動産屋さんがちゃんとした物件を紹介してくれなくて、同僚の女性に相談した事が今回の物件を決めたきかっけだった。この不動産屋さんは、何件も回った中の不動産屋さんの中で一番親切だった。私のしょーむない質問にも誠実に答えてくれるし、最初の内見の時に、友達をつれてって、わーわーみたことにたいしても、目を細めてよいお友達をお持ちでと言ってくれたのでこの人、聖人?前世でめっちゃ悪いことした人なんかな?と思うぐらい親切でした。

入居する物件を観にいき、オッケーですとこたえ契約の手続きをしに会社に戻った。

貸してくれる人は最初は良い人のふりをするのかな?と疑問に思いながら不動産会社を後にして、自分が入居するマンションに戻った。ここが新しい私の家。新しく始まる。もうなにもない。言いたいことはいってここに越していこうと思った。

近所探索として、スーパーをめぐり、近くの日高屋でビールを飲んで帰宅した。

平和だー。

6/3

今日は阪神対西武の試合を見に西武ドームに行くことにした。朝早く起きなきゃと思っていたのだけど、自分の予想以上に早起きをしてしまい、気持ちの高ぶり気が付いてしまった。早めに家を出たけど、やっぱり西武ドームはうちからは遠い。実家から甲子園までの行きやすさを思い出してしまうあたり猛虎魂がたかいよね~という形だった。

猛虎魂のあふれるお兄さんと一緒に行く予定だったけどまあプレイボールすぎにくるだろうなあと思って連絡しなかったのだけど、私が西武ドームについた数分後にお兄さんもきていておおおおおと思った。

藤浪と榎田が先発で、何年かぶりの西武ドームで前きたとき、おかわり君に2発撃たれましたよねという話とかをした。あれはえげつなかったなという話をした。

甲子園にいってるときでは感じられないぐらい、口汚いヤジが聞こえてきて本当、同じ球団を好きな人なのかな、同じ人間なのかなと疑問に思わずにはいられなかった。

正直、凡打とかエラーとかしってやってるわけじゃないし、しょうがないやん、って感じになってしまうんよな。

私は正直、大阪のこてこての下町で育ったし、じゃりんこチエがバイブルやし、自分以上に口が悪いやつなんていないと思うのだけどそれは間違いだったようですね。

本当無理だなと思った。隣の夫婦の人はジェット風船をふくらますときに、機械をかしてくれたりめちゃくちゃ良い人だったのだけど、甲子園でみるほうがヤジもないし良い気がする。

まあ、中谷と我が地元の陽川が頑張ってくれたおかげでいいところまでおいつけたし、今日きて損はなかった気がします。陽川頑張ってほしいな。

阪神はコテンパンにやられたけど、大好きな秋山をみれて幸せだったな。親が埼玉出身、埼玉住まいだったら私も西武ファン!なのかと思ったのだけど、あの応援歌のリズムは無理だー。才能を感じるー。秋山ユニを着る準備はできてるかもしれないけど、着た瞬間、実家に帰れなーーーーーーーい。


2018年度 埼玉西武ライオンズ 応援歌メドレー(開幕版)

 

 

 

試合が終わって、帰った。やっぱり、大阪にいたときみたいに最後まで誰かと帰れる方が楽しいなって思った。

眠い

5/30

会社の存亡にかかわる事例で管轄する行政に質問をしにいってきた。正直、この会社に入らなければ絶対なんとも思わなかったことなのだけど、これに関する法律が多すぎるし、行政は上からだし、だいたいが曖昧で、責任を持たない対応だった。

管轄する行政にいくまでにまたナチュラルに迷ってしまい、今週は迷ってばっかの日だなという気持ちになった。気晴らしに飲んだカフェオレの味はふつうだった。

行政の人はだいたい、ネットに載ってますからねという。初めて管轄する行政の人に質問した時は、法律をもっと勉強してから電話してくださいと言われたり。

こっちは魔法のiらんど世代、前略プロフィール世代やぞ。めちゃくちゃネットで検索して、調べて、熟読して、社内で相談して、それでもわからんから電話しとんねんぞという気持ちだった。

まあ質問しにいったことで疑問が解消されたので水に流してやろうかなと思って事務所に帰った。そもそもうちの商材が特殊すぎて行政の人も困惑するんだろうなという大人な感情が湧き出てきたので私も年相応の31歳ということですな。

5/31

会社の代表に、私、引っ越しするので有給が欲しいこと、定期代のことについて相談をした。定期代と有給については全く問題ないけど、なんで引っ越しするのということを尋ねられた。

更新のたびに家賃の値上げをされ、疲れました。これを機に引っ越しして心機一転!ということを伝えた。

代表から、定期代安くなるし、事務所の近くに住んだら?という提案をされた。代表に真顔で、定期代が安くなって補助がでたとしても、私の給料じゃここら辺だと人間らしい生活ができませんとお伝えした。そうなの?と代表。代表は地方住みで新幹線で通っている。まじでやばい。

じゃあ、引っ越し代を出してもらえるように本社にかけあってみるよと代表が言ってくれて、最初は何言ってるんだろという感じだのだけど、代表も真剣で、まあお金が出てくるんだったらいいかなと思い、よろしくお願いしますといった。

その後、代表が外出して、出先から連絡があった。引っ越し代は出せるようになったからという連絡だった。ありがたかったけど、もうちょっとお金を出してもらう方法はあったんじゃないのかと考えはじめてしまい、欲深い人間だなと反省した。

それに感謝して件名に働くやで~と思った。洗脳されやすい人間な気がした。

6/1

遠出。物流冷蔵庫に用事があった。別に急いでやることもないし、気分転換で良いよなあと思っていくことにした。漫画を読みながら向かっていたのだけど、だんだん仕事とは思えず、仕事用のはきはきした態度と愛想のよさを忘れてしまい現場に着いた。

現場について、代表に電話して、指示をもらい、処理。なんも問題がなく終了。物流冷蔵庫の好きな事務の女性に愛想を振りまくこともなく、事務所に戻ることにした。

 

どうせもう逃げられない コミック 1-10巻セット (フラワーコミックスアルファ)
 

 読んでいた漫画のせいなのかもしれません。

あーーーー!こんなこと、今まで働いてて、いっこもなーーーーーーーい!

必要とされることはとても重要で生きる価値になりますね。

ビール飲みたいなあと思いながら事務所に帰る。インターンできている学歴のかたまりと言える中国人留学生に、たっちさん先日のデートどうだった?と聞かれ、全部説明した。日本語独特の言い回しも全部説明した。(就職したときに女性がこういうたらこう返すんやで!という感じで)彼からは次がんばってということだった。

仕事が終わって、ツバメスタジオにむかった。感謝という気持ちを甘味であらわすのはどうかなと、君島さんと出会ってから少なからず思うことがあるのだけど、どうかなと思いつつ、感謝の気持ちを甘味であらわしている自分がいる。甘いもの最高ー!プッシャーだから仕方ないのかもしれない。義務感!

水面下で行っている活動を多かれ少なかれというかだいぶ君島さんにサポートして頂いている節がある。thermo、イベントに決まっていましたが君島さんのヨーロッパ出張にかぶってしまったため、出演キャンセルとなりました。君島さんの才能をヨーロッパで源泉かけ流し方式の形で使用されるのだったら自分のイベントなんかより全然良いと思うのでこういう形になりましたね。自分のイベントに、君島さんが演奏するなにかで出演してもらいたいと思っていたのだけどそれももうかなわないことですね。

出演依頼オファーメールをいるときに熟読されたあの恥ずかしさは成仏するのだろうかな。

そう私は機械

5/29

仕事後、録音ボタンと停止ボタン、巻き戻しボタンをさっと押す機械になる日だった。

仕事が終わって、新宿にむかった。指定された時間より前につくはずだったのだけど、道に迷った。新宿怖いよ、つかないよ、全部同じ道に見えるよという三重苦。

心の中でたっち、落ち着け、冷静に考えろと言い聞かせながら、もう一度地図アプリを開き、スタジオにむかった。ついた。

指定された時間から遅れてしまったのだけど、皆さんめちゃくちゃ優しく、違う世界に来たのかなという気分になった。

最初、焦っていたのかだいぶポンコツで、落ち着いてと励まされたり、本当にポンコツだった。好き音楽をまじかで何度も聴け大変幸せだった。この水面下のプロジェクトは総合的に自分のわがままと思っているのだけど、誠実な対応をしてくれて、本当嬉しく思った。本当に違う世界に来た気がした。異世界だったよ。

よしこさんの歌、ヨシュアカムバックの演奏を何回も聴け、私は明日への活力みたいなものを見いだせたような気がした。何もなく健康で生活が続いていくのは平和なのだけど、それはそれでなんでなんだろうと思うことが多々あり、年齢があがっていくにつれ、好きな音楽は好きでいちゃいけないような気がするし、ただ時間を消費するだけの生活に嫌気がさしていたのだけど、今日の演奏を聴いてまあそれはそれでありなのかもしれないなとまた思った。ただ時間を消費しながら、退屈さを楽しさに変えるべきなのかもしれないなと思った。

偉大だ、ヨシュアカムバックの音楽。今になって気付くのは遅すぎるのかもしれないな。

楽しさという退屈さ

5/26

会社の同僚の女性に、たっちさんって彼氏が欲しいって言ってるわりには彼氏ができそうになるとやる気がなくなるよねと言われ、とりあえず男性とデートしてみなさいよと言われた。それが今日だった気がするのだけど、相手からは前日にも連絡がなく、時空が歪んでいるのかな?それとも私は妄想癖なのかな?わたしは虚言壁の塊なのかな?と怖くなった。自分の素がだいぶ迷子やし、正常値がどこにあるかがわからないね。

そう、私は、責任感の鬼!ということで相手に自ら連絡し、時間と集合場所を確認した。なんだろ、わたしは、この人のためにこんなに時間をつかいたくないのだけどなあと乗り気ではなかったけど、前日や前々日に、同僚の女性に、たっちちゃん、化粧品新調しよ、デート着買えばいいじゃん!とテンションをそれとなくもっていかれていたのでなくなくでかける用意をしたわけだった。(服は購入していないし、前日に、同僚の女性に月曜、報告待ってるよ!と念を押されたわけだった)

都会遠いね、人多いねというわけで待ち合わせ場所、そして合流、それから今日のわたし超かわいい!(自称です、たっち調べです)

結果的に1軒目で疲れたふりして帰ってきちゃった。ここ最近でやしなった愛想のよさをフルにいかして会話はふつうにできたんだけど、まあ疲れるわなって話だった。

途中でお兄ちゃんと飲んでた方がふつうに楽しいなあと思うし、趣味が合わない人と話すのはだいぶ苦痛だなあと自分が日々、置かれている甘々な環境を思い返してみた。感謝しかなかったわ。

めちゃくちゃ苦痛だったな。

疲れたなあと思って今日の試合結果をみたら私の大好きな中谷がサヨナラをきめていて泣けた。

将来は、甲子園球場に歩いていける場所に住まいをかまえて、旦那はもちろん熱狂的な阪神ファン、子供は旦那の運動神経をうけつぎ、少年野球チームではエース、シーズン中は家族で阪神タイガースを応援するという幸せな未来予想図を描いているのでそろそろ大阪に帰るべきかもしれないなと思いながら家に帰った。

何が正しいのかわからないね。

 

私がアップデートしたるがな

5/21

月曜日なんですよ。知ってるけど起きれなくてだらだら二度寝三度寝を繰り返していた。もう仕事さぼっちゃうか!という気分にもなってきたけど、来月引っ越しで休むし欲求を飲み込んだ。ぎりぎりまで寝ていると洋服選びがめちゃくちゃ適当になり、ただのカジュアルな服装になってしまった。一番近くにあった清潔な服を着た。

仕事。なんだかちょっと忙しい。サンプルがきたり、試験にだす準備をしたり、注文をとったり、請求書を作ったりしてなかなかの集中力であった。

この会社というかこの業界に入って半年、ちょっと知った口をたたくようになってきた自分にハッとして、同僚の女性に今、あたし、めっちゃしったかぶりな感じでしたよね!やばいっすね!にわかですよね!と言った。同僚の女性は、まあわかってるんやしいいんじゃないということだった。

定時を前にして当たり前のようにやる気がなくなり、理由をつけて散歩にいったり、ジュースを飲んだりした。

定時後、増井ビル7階へ。今月3回目ぐらい。2回はちゃんと用事があっていったから良いんじゃないと自分に言い聞かせている。駅にむかっている途中に私はハッとした。職場から浅草橋への最短ルートに気づいた。逆になぜ今まで気づかなかったのかが不思議である。最短ルートで浅草橋にむかい、増井ビル7階へ。ノックをしても応答なしで扉をあけてみたら、人の気配がない。日にちを間違えたのか、それともいるのに私が気づいていないのかと数分考えこみ、連絡。とりあえずコンビニまで引き返し、君島さんいなかったよな?という当たり前のことを考えたら、君島さんから連絡があり、買い物をしていたのですぐ戻るということだった。いなかったという考えは正しかったのか、よかったと安堵して、増井ビルに戻り、バルコニーにでて、ダイエットコーラを飲みながら風にあたっていたら君島さんが戻ってこられた。半袖になぜか違和感という話をした。蟹を配布。

ロールケーキをごちそうになった。うまうま。季節の節目に蟹持ってきますよという文章を投げかけた。

近況を報告。最近占いに行ったことを報告したら、それただの恋バナじゃない?と君島さん。占いですよ、だって手相も見られたし、生年月日も言ったしと私。そりゃ見るでしょ、なんかカードを切って出した結果とかじゃないんでしょ、根拠ないじゃん的なことを君島さん。私、ハッとする。あの占い師が言ってたこと、根拠ないわ、なかったわ。2千円払って、知らないおばちゃんに恋バナを聞いてもらっただけになってしまった、、と遠い目をするしかなかった。君島さんに言われるまで疑問すら思わなかった、、つらさがたけー。

いろいろな話をしたのだけど、今回はハイライトが多すぎてめちゃくちゃ笑った。君島さんのアドバイスを聞いて、自己啓発感やスピリチュアルな部分があるなと思い、ふと君島さん宗教やったらはるんじゃないんですか、神感あるし、教祖感あるし、いけるいけるみたいな事を言った。逆に、君は教祖無理だねという指摘をうけてそうですよね、自分の中でかみ砕いて消化して出てくる言葉なんて一切ないっすもんと私。

毎朝、鏡みてイエスアイキャン、私はかわいいとにっこりしなさいという指令をうけましたね。そうそう、髪型を褒められたこと書いとかなきゃ。

人生の相談を7階に投げかけがちな昨今なのだけど、君島さんと私では人間のステージが違うので参考文献として頭の片隅にいれることが大事だなということになった。7階だから、ここみたいな話。地下は病むよ。

また長居をしてしまい、チーズケーキをお土産にもらい帰宅をした。家に帰って当たり前のようにチーズケーキをわーい、うまうまという感じで食べたのだけど22時近くだったね。30オバーには厳しい時間よ。

5/22

仕事。ねむくてやる気がでない。23時すぎに寝ても常に眠い。意味がわからないという話を同僚の女性にした。春だからじゃない?というピースフルな返答をいただきました。2日連続財布を忘れた。あまり支障がない。

阪神が弱い。弱くはない、打線が打たないので負けてしまう、そういう状態が続いていることを人間は弱いというのだろうか。

どういうメンタルで試合をみたらいいのか全くわからず、は、、今日も負けた、、というため息を出すくらいしかできないわけであるな。

父は生前、熱狂的な阪神ファンだった。暗黒時代でも熱心に応援していて、85年の日本一みていたら暗黒時代とかどういうメンタルで応援していたんだろうと、最近めちゃくちゃ疑問に思う。生きていたら、あの時どういう気持ちで応援してたん?と聞いてみたいもんだなあと思いながら仕事をした。今日の先発はメッセンジャーなので勝つだろうと思ったら勝ったので良かった。

仕事が終わって、久しぶりに銭湯に行った。引っ越し先にはあまり銭湯がないのが残念だなと思っている。ここは銭湯がありすぎる。

休日

5/20

休日は何もなければ8時すぎぐらいに目覚める。健康だー、健康サンキュー健康フォーエバーといった感じなんだろうなという気分。

録画したドラマを観る。リアルタイムでみたドラマなのに、なぜこう新鮮な気持ちで見れるのか謎。おっさんずラブが好きすぎてリアルタイムでみて、録画したものを4回ぐらい見ている。自分的リピート率は、劇場版ドラえもんと一緒。田中圭ドラえもんなのか、何を思っているんだたっちと自問自答していたら実家からの救援物資。自立のための一人暮らしのはずが、いつまでたっても親に依存しまくってるかんじがしている。

時間になってヨガ。慣れているレッスンに、慣れているポーズで先生はアジャストをしてくれることもなくなったので、正しいポーズとはという疑問は一向に解消されないし、行くのもめんどくさいからもうやめちゃおうかなとか思っているのだけど、行ってきた。

私が大好きなヨガ先生のレッスンだった。私が大好きということは他人もこの先生が大好きなわけで、今日もまあレッスンをさらっとこなすだけなのかなと思っていたのだけど、先生は毎回、何点か気になったことを伝えてくれるし、今日もそうだった。さらっと帰ろうと思ったけど、ちゃんとポーズの解説をしてくれたし、結構通ってるけどいまだにできないんですよねというと、のびしろがあるから大丈夫!まだいけるよ!と返してくれた。私はここの運営会社は好きではないけど、この先生は本当に好きで魅力的な人だなと思うし、この人のレッスンは受けたいなあってすごく思うわけだった。

家に帰って、本読んで、ネットフリックスみて、今にいたるって感じです。

部屋の解約をした。引っ越すぞー、知らない土地に行くぞー。

些細な変化が怖くて、引っ越しとかに二の足を踏むタイプなのだけど、生活をふいっと変えてみようかなと思う、変わるのか、変わらないのかもしれない。

うたのよさとか知らなかった

5/12

ヨシュアカムバックを観にグッドマンへ。久しぶりでもないんだけど、ライブハウスに行くことが久しぶりだと感じてしまう。なんでなんだろうか。

ロクトシチを観た。前にも見た気がしていた。

怒られるかもしれないけど私はマイケミカルロマンスとかが好きだったくちなので、ロクトシチの音楽をそこと照らし合わせて良いなあと思ってしまうタイプの人間である。

あれっぽいね、と思ってもかっこいいなあと思うなら別にそれはそれでいいんじゃないのと思ったりもする。これっぽいねと切り捨てるより、ちょっと聴いてみるほうが自分的にも楽しい方面が見える気がしている。はっとする音楽を求める方が酷な気がすると最近は思う。毎回見るかは別として。

ヨシュアカムバックを観た。私はよしこさんの歌が好きだった。ずっと好きだなと思っているのだけど、最近はつらいな~と思っているとよしこさんの歌声が空から降ってくることが多くなっている。そんな中でみたヨシュアカムバックのライブは最高だった。

ヨシュアのロックバンドとしての最高さとよしこさんのボーカルの最高さはまた別の話だと思っている。ヨシュアのロックバンドとしての最高さはコンベックスレベルの比ではなく、よしこさんのボーカルは、なんかちょっと信じられるという気分にさせてくれると思うんだよなあ。と思った。

うまく説明できないけど、よしこさんの歌は最高なんだなと思った。


ヨシュアカムバック @ 秋葉原GOODMAN

最高だと思ったら酒をいつも以上にガバガバ飲んでしまって結局終電間際で帰ってしまった。これもすべてライブがよかったせい。

 

 

飲んだハーブティーがおいしかった日

5/11

仕事。やっと金曜日。5日間という日数の長さを感じる。私はいつも木曜日で心が折れる。まじでそのまま寝てやろうかと思った。起きた理由は会社に連絡するのがめんどくさかったということ。めんどくさがりやさんでよかったね。

忙しいという感覚を忘れてしまったので忙しいと思うことはないのだけど、この会社はやることが多すぎて、もしかして人間はこれを忙しいというのかと疑問に思った。

最近では営業の仕事のほか、ちっさい貿易事務の仕事もふってきそうでやばいなあと思う。やばいなあと思う反面、わたしは伸びしろの塊、なんでもできる!どーんとこいや!と思ったりもする。

以前、会社にストレスチェックをやらされたのだけど、その結果にはあなたには躁鬱の傾向がありますが大丈夫です。と書かれていたことを思い出した。あがったりさがったりする感じがそれを引き出したのかなと思った。てか躁鬱の傾向があるのに大丈夫なのか。おい、社会、あたしは大丈夫なのか~!

仕事後、増井ビル7階ことツバメスタジオへ。私は感謝の気持ちを甘味で現す女、ということで甘いものを購入して向かった。(自分が食べたいものを買っただけです)

いつもお世話になっておりますこれからお世話になりますという事柄に対応してもらった。本当にお世話になっておりますという感じだった。

事柄は良い方向に行きそうで本当に良かった。

日記を更新しなさい、随筆家なんだからというような内容で苦言をていして頂きましたね。恋に仕事にハッスルしてなくても書くことはあるから書きたい気持ちがあるのだけど睡魔には勝てないよね~。いっぱい寝てここまで大きくなりました。本当ずっと寝ていたい。

今日の自分的ハイライトは私の動作が雑すぎて君島さんに叱られたのだけど叱られ方が本当おかんに怒られているようで笑ってしまった。

帰り際に思い出してマーマレードを購入でき大変満足で今に至っている。

おかあさんと!

5/2

仕事を14時で早退し、東京駅から大阪に帰る予定だった。出勤。代表が超絶機嫌がよかったのか、別に早退とかかかんくていいよ、蟹も好きなだけもっていけばいいやんと言った。

私は、生命の危機を感じていた。同僚の女性に、私、不調なんですよね、、私が思っている体の不調は、ネットで調べたら急性膵炎ぽいんですよね。GW明け死んでたらまじうけますよね?笑と笑いながらいったら同僚の女性は心底ひいていて、病院行った方がよくない?と返してきた。GW明けにいきます!と元気よくいったらいやいやいや遅いやろ的なノリになり、じゃあ今から行ってきますと許可を得てホスピタルにゴーをした。先生に、こういう状態でやんすと報告すると先生は悩んでいて、背中が痛い場合だと膵炎の可能性があると思うけど、背中は痛くないんだよね?と。背中は全く無痛だった。先生は超考えた後、肺の病気って可能性は、レントゲンみてないし、心臓の病気は元気そうやしないと思うし、、と言っていた。元気そうだしって、医学的な考え一個も入って無くない?大丈夫なん?と思いながら先生の話に相槌を打っていた。結局、出された薬は胃関係の薬だった。生命の危機、勘違いだったのかなあと遠い目をしながら事務所に到着。同僚の女性に、生命の危機勘違い!という報告をし、仕事に戻った。

14時になって、東京駅へ。これぐらいならぎりぎり許されるだろうという量の蟹をもって帰った。荷物が重い。途中、お店で保冷バックを購入。購入後、すぐ開封したらファスナーが壊れ、あちゃーーとなった。あちゃーーーとなりながらお土産を購入してライドオン新幹線。2時間半は結構短い。酒飲んで音楽きいて動画みたらすぐだった。

新大阪についたら雨がふっていて、叔父さんの車を待っていた。叔父さんの車を発見し、実家まで。前まであんまり感じなかったけど、大阪に帰ってくると落ち着く感じがした。実家について、母親がつくってくれたご飯ができる前、叔父さんの家にいって、お土産と蟹を渡しにいった。家に帰って、ご飯を食べた。誰かにご飯をつくってもらうことがこんなに幸せなことなのかと毎回思う。

たらふく食べて、明日は晴れるか晴れないか、何時に出るか出ないかという話をして就寝。何もないけど大阪にいることは、平和な気がするね。

5/3

起きた。晴れていた。今日は甲子園に行く日だった。母とこの時間に出ようねという時間を決めていたのだけど、そわそわしていたので早めに家を出ていた。阪神難波線にライドオンしたぐらいから阪神ユニをきている人がわんさかいて、あー落ち着くーーという状態だった。(私たち親子は、球場でユニフォームを着るタイプだった)

阪神ファンの男の子が、横浜ユニを着ている男性をみて、あ!横浜ファンおる!と指さしていたのでおおお!と思った。大阪帰ってきた感じがすごいした。

母が眠っている阪神ファンの小学生男児を抱えた女性に席を譲ろうとしたので、私が譲ることになった。席を譲ることはまったく構わんのだけど、甲子園にいくのに寝てるってどんなけ気合いが足りひんねん、気合いじゃない、猛虎魂が足りひんねんと思った。

甲子園に到着して、母に席を譲るのはかまへんけど、甲子園に行くのに寝てるってまじどうなん?つうか、父親ぼーっとしてたけどお前がかつげや!ていうかお母さん人が良すぎんねんってとわけのわからん理由で母に怒りをぶつけてしまった。母は、まあそんな怒りなや、グッズ買うたるやんかと返した。ぐう聖の母親を持った畜生な気分でした。

しっかり母にジェット風船とグッズもろもろをこうてもらい、いざ甲子園へ。もう席に座っただけで最高。と言うしかないよね。焼き鳥と自分が食べるご飯を買いに甲子園をうろうろした。今日は先発メッセやからメッセのラーメンたべたろ!と思ったけど行列が半端なかったので上本の汁なしたんたんめんにした。焼き鳥と汁なしたんたんめんとビールを買って席へ戻った。

一塁側だったのだけど、よく見える席だったので私は満足だったのだけど母は、応援団のいる席が良いと言っていた。視界の中に、横浜ユニきている人がいてまじかと思った。周りはピースフルな感じだったけど正直ないなあという感情を持った。阪神ファンの友達ときているのなら友達が譲歩して3塁側に行くべきだろと思った。

試合は初回のメッセが点をとられてしまったけど、ナイスピッチングで絶好調上本が最高で、勝った。最高だった。勝って帰れることが最高すぎる。六甲おろしをうたって、スタメンのヒッティングマーチをうたって、甲子園をあとにした。甲子園球場を出て、駅までの道を歩いていたら桧山のヒッティングマーチが聞こえてきて、思わずうたってしまった。家に帰って、ご飯を食べてスポーツニュースのはしご。楽しい。メッセンジャー大好きだなあと思った。

5/4

阪神が勝ったので次の日の朝の情報番組はくそほどうかれているだろうと思って早起きを試みたけど無理だった。失敗した。

いうほどやることがなかった。父の墓参りにいったぐらいしか予定をこなすことがなく、家でごろごろしたり、叔父さん家にいってコーヒーを飲みながらゴロゴロした。

夕方から伯母とご飯を食べることになっていたのでそれまでお風呂に入ったり身支度を整えていた。なぜか防水のテレビがあるので風呂場に持ち込んで野球をみていた。打線がくそだった。もう今年優勝や!って思っていた自分が恥ずかしすぎてつらい。

時間になって母とお店に向かおうとしたけど叔母と従妹と合流するはずがなかなかこないので母が先にお店にいき、わたしは叔母の家にいこうとしたら従妹と偶然あって、おおおお!という状態になった。状況を説明しつつ、じゃあ先にお店行く?そうやな、あ!日傘忘れたとってきていい?という従妹に、ひそんなてってるかと思いながらええでと一緒に家まえで引き返し、お店へと向かった。

なんとなくすべて合流して、ご飯を食べ始めたけどなんだかおかしいなという感じになって、まあ楽しい時間を過ごせればいいかなと自分なりに楽しいところをみつけて楽しく過ごした。久しぶりにあった従妹はやっぱり従妹でこんなくそみたいな従姉を敬ってくれるし、本当に良い子だなって思う。従妹に姉ちゃん帰ってこようやと言われて、この子がこんなことを思うのかと不思議に思った。

ご飯会が終了し、叔父さんの家にいってコーヒーを飲んで家に帰って寝た。

食べてばっかりだ。

5/5

コストコに行った。私はスーパーが好きすぎるという症状があって、スーパーでバイトしていた経験がある。おっきいスーパーは夢があるじゃん?

こんなこのが売っているのか!という驚きと今の会社の職業病とまではいかんけど、水産物をみたらひっくりがえして、販売会社を確認してしまうという感じだった。

お母さんに、甘いぱーーーーんが食べたい!この甘いぱーーーーーーんが食べたい!といった。お母さんは買えばええやんかというのだけど数量が結構なもんなので、いいっすと遠慮する形になった。

家に帰って具現化されるたこ焼きを胃に入れるという魔法のようなファンタジックきわまりない状態を経ていた。ちょっと球形するわといってゴロゴロしていたら、おまえそれはゴロゴロじゃなくてゴロン!やぞというどうでもよい指摘をうけたりした。

阪神は勝った。もうそれだけでなんでもええという状態になれるこの脳内をみてみたい。

5/6

スーパー銭湯に行った。叔母と叔父と母と私。家のお風呂は好きではないけどスーパー銭湯とか銭湯は大好きで永遠に浸かってられる気がする。とけたいね、とけたいよみたいなノリ。私は今日の夕方東京に帰るのだけど、大阪にいると何もないのだけど母と叔母は嬉しいようで、微妙な気分になってしまう。

帰ってもいいかなって思うけど、今更大阪に帰ってやることと言えば、何があるんだろうかと思う。好きな音楽を聴くことをやめて何か違うことを探すのかという感じも超違和感なんだけど考えてもわからんね。

お風呂からあがってマッサージ機でマッサージをした。やべぇ最高と思ってしまう年齢に達してしまったことが悲しかった。

王将にいって餃子をたらふく食べて叔父さん家で野球をみながらコーヒーを飲んで家に帰って帰り支度をした。自分がやっていることは正しいことなんだろうかなと大阪に帰るたびに思う。

 

 

猛虎魂とは

4/15

久しぶりにヨガに行ったら急激に肌の色が白くなり、私は毒素の塊だったのではないかという問題に直面した。汗をかいて毒素がでることはないらしいけど、確実に私の肌はすっかり白くなりひいている。

家に帰って家事をしながら野球中継。岩貞が頑張っているやんかという感じ。藤浪の復活を望んでいるけど私は本当理由がなく岩貞が大好きなので岩貞には頑張ってほしいし活躍してほしいと思っている。

何もない休日はたいていヨガいって野球をみているので何も書くことがないねという状態。

母から電話。母、昨夜甲子園にいっていたことには触れずに用事だけを淡々と話していた。母はおととしから行く試合すべて勝っていた。悲しいなあという気持ちだった。

母は足がちょっと悪いし、出不精なので遠くにも行きたくないタイプなのだけど年に数回甲子園には喜んで行ってるので阪神タイガースというか甲子園の力って本当にすごいなあと思っている。私も来月甲子園に行くことだけを楽しみに仕事をしている。

 

4/16

メッセンジャーが国内FAを取得したんだって。そういえば、実兄がメッセンジャーが国内FAを取得し、外国人枠から外れるときに阪神のファンクラブがダイヤモンド会員になると言っていたのを思い出した。我々はすべて、阪神タイガースにあてはめすぎな気がする。数字をみると阪神の選手の背番号を思い出してしまうこと多々あるしね。

仕事。土日によくわからないメールが来すぎて困惑していた。代表が今日から海外出張だと思って意気揚々と気を抜いて出社したら、明日からに変更したそうですごくがっかりした気持ちになった。いろいろ理由があると思うけどなぜいかない、行ってくれよ。という気持ちでいっぱいだった。

消耗品の手配を頼まれていたのだけど一切ヒントがなく、名探偵たっちとして推理できるところは推理し、業者にはいつものがつがついって納期をせばませるという手法をつかい、送料までなくしてもらい、なんだかんだできるやつやな~と思っただけの3時間ぐらいだった。新卒入社の3か月目以降、仕事ができなかったためしがないなっていう自意識の高さが計り知れずという状態だった。

最近運送便のおにいさん、しゅっとしてるなあということを思いながら毎日働いています。潤いがなくかっさかさなんだよ。


05 Rainer Maria - Breakfast of Champions

かっさかさな私は4月に入って朗報をつかみ取った、この手で。

rainer mariaが来日するらしい。この情報を聞いた瞬間すぐにチケットをとった。なんも考えてなかったので5/23のネストをとってしまった。(5/20もあったなあと最近きづいた。5/20はベアーズでテッポーシーンのライブがあるなあ。)

look now look againがまじで好きでめちゃくちゃ聴いていたというかまだふつうに聴く。前回の来日時はいけなかったので本当に楽しみだなという気持ちしかない。

あほな営業が退職してから事務所の空気は和やかで、代表も和やかで私は自分が作り出したパラレルワールドに数か月いただけなのかなという気持ちになった。あれが現実でこれも現実なのが本当にうけいれられない。

定時になって、仕事の買い物があり同僚の女性と一緒に買い物にでかけた。いつものようにさっくっと飲もうということになり立ち飲み屋に行った。

酒が好きな人と言われるのだけど、私は好き好んで飲んでるわけじゃなくただただ飲んでしまうタイプの人間なんですよねという感じなので、同僚の女性とは差を感じている。誕生日に高い店に連れてってあげるよといわれ、ほんまそれ言いましたね?聞きましたよ!ぜったいですよ!当日あけといてくださいよ。みたいな感じで念を押したら、さすがに11月やし、彼氏できてるはずやから当日は彼氏とデートなんじゃないの?同僚の女性。さすがに何も言えない。見えているのは、今と同じ状態。

いや、わたし、その週の土曜に重大な用事あるんで誕生日とか考えてなかったっすね。と笑った。企画の予定をいれてから3日前、私、誕生日だったわと気づいた。そんなもんだよな~とにかく11月24日はブッシュバッシュに来てくれよ。(はてなブログでの未来記事の投稿が公開できなくなり、困っている。)

3杯飲んで解散。さくっと飲んだ。今は家で日記を書いているんだもの。さくっとしている。