昨日、5月20日ライブに行ってきましたー。
DEADPHONESのライブをやっとみました!
本当まじで良かったです!

DEADPHONESは音源が素晴らしく良いのでこの音源のよさをライブで出せるわけがないと勝手に思っていたんです。
だから、音源を聴くだけで今までライブに行かなかったかもしれません。
でもそれは本当に間違いでした。

もううまい!うまい!うますぎるんです。

あたくし、終始ドラムの方に釘つげでした。

ボーカルの人の歌声は、生で聴いても本当すごく綺麗でした。
ちゃんと聴きとれて本当よかった。
音源ではかほそい感じがして聴きとりづらそうやなとか思ってたけど
全然そんなことなかった。

このバンドはライブ観ないと何もわからんな!と思いました。
音源では全部わからん!
音源の素晴らしさを崩すことなく、ライブでしかわからない空気、世界を感じとれた気がします。
もう最後の曲(タイトルがどんなけ考えてもわからんのです…)が最高でした。
もうDEADPHONESの世界にどっぷりはまって、気がついたらライブが終わっていました。あれ、もう終わり!!?もうちょっと聴きたい!というキモティが強くなりました。
またライブ観にこようと思います。
この世界観が本当たまらんのですよ。
本当かっこよかったなー。
場所がアバンギルドじゃなかったらまた変わるんやろうなー雰囲気。
それを考えると他の場所で観たいと思いました。
シャングリラでのライブがいけないのが本当切なくなるくらい悲しいです。

本当まじでよかった!
京都まで行った甲斐がありました。

帰りに、物販で2曲いりのCDRを買いました。


なぜあたしは、京都でDEADPHONESのライブを観たかというと
スキマ産業というイベントに行ってきたからです。

このイベントの空気というか雰囲気が大好きです。
初めてみる方ばかりですが、どの人も素敵でかっこよくて満足して帰ることができるそんな素敵なイベントなのです。

今回は京都やったのでやめとこうかなーと思っていたんですが
行ってしまいました。
DEADPHONES観たかったし。
好きなバンドのライブを好きなイベントで観れるなんて幸せな気がします。

今回も素敵な時間を堪能できました。
主催者の方々、本当お疲れ様です。感謝な感じです。勝手に感謝します。輝
ここで書いても仕方ないけどまーいいか。
最後までいられへんかったけどなぜか行ってよかったなーと思いました。

だんだんキツネの嫁入りの世界にはまりつつあります。
アコーディオンのお姉さんが可愛いと常々思う今日この頃。

ちゃんとした感想を書きたいけど書けるかな。
気が向いたらまた書きます。