企画終わって反省とか

企画終わりました。来てくれた皆様、出演者の皆さん、グッドマンのスタッフの皆さんありがとうございました。

 

あたしが上京してきた理由がもっとライブを観たいって理由でした。最近なんのライブ行っても全体を通してよかった、面白かったっていうのに気持ちに出会えておりませんでした。

自分が恋に焦がれていたような場所がこんなにつまらないなあって思うなんて意外でもあるしもう潮時なのかなとかってたまに考えることがあります。

つまらなかったらくるなよ!って思うかもしれんけど、ライブハウスって場所が好きだし音楽好きだから行かなくなっても結局はまたライブハウスに行くようになってしまうのです。

 

以前はライブに行く前とかでもライブハウスのスケジュールを確認してるだけでもわくわくしたり、ライブハウスに行ってライブを観るってのが今よりもドキドキわくわくしてて世の中にこんな面白いものがあるのかと興奮していました。

 

現在までライブハウスに行ってるのはドキドキわくわくという興奮したり、これ本当にすごいなあ、なんなんだろうっていう感動したいという気持ちがあります。

 

3/1の企画ですが、集客が思うように行かず悲しかったなあ、こんな素晴らしい人たちが出演してくれてるのになあ、こういうのに来ないのとかロマンがないなあ、って思いました。フライヤーを撒いたり、告知をしたけれども集客が思うように行かなかったってのは完全にあたしが原因なんだろうなあと反省するばかりです。

土曜日の深夜にツイッターに書いた事は本音だけど否定するってのは何も生まれないから後々反省しています。

 

来てくれた人が本当によかった、おもしろかったとか出演してくれた人たちが出てたバンドよかったよとかって言ってくれた事がうれしかったし、否定するよりそういう事を大切にしないといけないなあと思いました。6月もあるし切り替えてまたフライヤーまきにいこうかと思います。

-------------------------------------

集客があんまりってので落ち込んだりしたけどそんなに落ち込むことも憤ることもないのかもしれない、よく考えてみると。

来てくれた人がおもしろかったって言ってくれて、出演者の人が、他の出演者よかったよって言ってくれたり、CD買ってくれたりしてもらえたし、何より自分が最近行ったライブで一番楽しかったのは間違いないしな。自信を持って6月の告知活動をしていこうと思います。ライブハウスに行きはじめてどきどきしてた当時のあたしも絶対満足してたと思う。グダグダ言ってすいませんでした。

 ----------------------------------------

感想に続く。。