最近のこと

壇蜜さんが松坂世代を意識してもっといけるやろと自らを鼓舞しているのだから

あたしもダルビッシュ世代としてもっともっとがんばっていかないといけないんじゃないかなあと思っている17時前ですが本当に仕事が嫌です。散々、仕事暇仕事いや仕事行きたくないとここで言ってきたけど面接には受からないし、ていうか面接、どうせ落ちるんだろうなっていうノリで行ってしまっている。これがあかん、これがあかん。壇蜜さんのモデルプレスの記事(インタビュー?)を見て高まってきました。そうだ、あたしはダルビッシュ世代だから平日の8時間、死ぬように生きていってはいけないのだ!という気になっています。来週の面接は気合いいれていくぞ!話し変わりますが気象キャスターの井田寛子さんが素敵だと思っています。井田寛子さんは巷ではエロ清楚って言われてるんですか?(あたしがみた記事だけですかね)私的になんでもエロってつければいいと思うなよって思うタイプなんですが井田寛子さんは本当にエロ清楚っていう言葉が的確だなあと思いました。低めの声とあの笑顔最高だなあ。あのほわっとしている雰囲気はどうしたら出るんだろうか。育ってきた環境でしょうか。

モテ女の友達の友達もビッチで、その友達もビッチだった時の衝撃が忘れられません。でもみんなかわいいし、ノリがよくてしゃべってて面白い。あと、みんなお酒強い。

誰かがモテるってのはやれるかやれないかの雰囲気なんだって言ってたのを思い出しました。モテ女の友達の友達に姉さんって呼ばれてるんですが、私は心の中でその子の事を姉さんと崇めていました。ヨガ行ってます、ヨガ。最近の唯一の楽しみなんじゃないかと思うくらい楽しんでます。たまにヨガ先生がレッスンで言ってることがダイナミックすぎてふきそうになりますけど、、、ヨガ先生が、足裏のマッサージ、パートナーもしくは両親、子供にやってみてくださいって言っててあたしの周りどれもいねえと思って静かに絶望したのは内緒です。空間現代の誰かを繰り返し聴いてるので意識をそらすと脳内でめちゃくちゃあのフレーズが鳴っててあたしもくるとこまできたなという感じでいっぱいです。

月末に、空間現代が生演奏する回のファッツアーを観にいきます。27日。楽しみや。演劇初心者ですが京都まで行ってしまう感じはもうくるところまできていますね。

数年前の空間現代企画で観たロロの演劇もおもしろかったし、15分の演劇のやつも観にいっておもしろかったし、まあ楽しめるやろ、大丈夫やろって思っています。仕事はもちろん休みます。