歯は大切にな!

2/25

放置していた奥歯がやばくなったため2月のあたまに歯医者さんに行った。

先生いわく「これはやばい、これはやばい、抜かなあかん、大学病院の紹介状書くから行って抜いてきて」との事だったので朝一番に予約をいれてもらった。

9時に予約してるから絶対8時30分にはついてくださいね!と歯医者さんの受付の人に散々言われていたので、8時20分には到着してたよね。時間だけはちゃんとしてるよね。

いつもより早く起きてがんばったのに受付がスタートする時間は9時だったので、病院についた瞬間絶望を感じました。

待ってる間、通っている歯医者の先生が、この奥歯は抜きにくいよ~まあ大学病院にうまい先生がいるから抜いてきてとポップな感じで言ってたのを思い出した。うまいってことは、あれか熟練のわざがあるから老人に抜かれるのか、、とぼーっと考えていたら時間すぐたった。

名前がよばれて、問診をしてくれる先生は普通だったので、あこの人に抜かれるのかなって思って名前を確認したら違ったのでこれは熟練の技を持った老人がくるということを確信して色々話をきいていました。先生の話を聞いて答えていたら、どこからともなく先にレントゲンとって~と指示する声が聞こえてきて、これは老人登場かと確認したら、その場にいたのは長身のクソイケメンでした。結構若い。想定外の男前加減だった。クソイケメンにこのがたがたの歯をみられるのかと思うと超絶はずかしくなるし、抜歯されるなんて悶絶だよねと思いながらレントゲンを撮りに移動しました。先生、超絶クソイケメンだけど、かつぜつが死ぬほど悪くて何言ってるのかまったくわからないのが難点でした。

歯医者で長身でイケメンでかつぜつまでよかったら、世の中不平等すぎるなと思ったりもした。

先生、結構ぶっきらぼうだったし。

レントゲンとりおわって抜歯されました。麻酔打ちます~という宣言もなく打たれた。けずられ、ぐりぐりされ、苦しい、、、麻酔が効いてたから痛みはないけど、削られてる意識がめっちゃあるのがいやだった。抜歯というか工事だった。

先生、たまに鼻で笑ったりしてて、なんなんやろって思った。たまに関係ない先生が覗き込んできてた。完全に見世物だった。

無事抜かれて、口の周りも口の中も血だらけだった。会計終わって、領収書を確認したら手術 難っていう記載があって、先生が鼻で笑った理由がわかった気がした。やっかいだったのだな。

会社行った。仕事の合間に先生かっこよかったな~と思ってネットで名前ぐぐったらフェイスブックのページでてきて、独身ということを知りました。すげーインターネットだなと思った。

マスクなしの先生は微妙だった。これがマスクマジックか。

今日、一日は体温があがることはしたらあかんとのことだったので予約していたヨガのレッスンをキャンセルした。飲酒も入浴もだめとのこと。

仕事終わって、区役所へ。水曜日は19時まで窓口があいているんだぜー。印鑑証明を発行。暇だったので家まで歩いて帰った。遠かった。

広告を非表示にする