才色煥発はもったいない

4/22

今日も元気に出勤。請求書を出す日だった。毎日まじめに仕事をしているから焦ることもなく淡々と仕事。小口現金の管理を任されるようになったので社員清算の伝票が回ってくるようになった。(小さい会社なので社員の経費精算は現金払い)

正直、お前らがどこに営業回ったとか興味ないしなと思いながら電車の経路の確認、交際費のチェックなどをしていた。私は他人に超興味がある人間だと自負があったのだが、最近は全く興味ない気がしている。自分は自分やんみたいな的な考えとかはない。自分の事もあまり興味ない。

請求書も出し、今日の仕事おーわり!と思ったけど定時後、会議があったので帰れなかった。あー帰りたいと思ってイライラしていたのでチョコレート買いにコンビニへ行った。カントリーマームのチョコレートバージョンがあったので買ってみたらまんまカントリーマームでがっかりした。会社の近くのコンビニ、よく使うんやけどすごくイライラする店員がいて行きたくない。いらっしゃいませぐらい言えよと思うのはあたしだけでしょうかね。

会議では、発言する事もないのでうとうとしていた。何か発言をもとめられ、困っていたら、営業の人に最近の阪神の報告をすればいいと言われた。野球が好き、阪神が好き=私というものがあるのはありがたい気がした。社会人になってから野球が好き、阪神が好きという事でだいぶ助かっている。サンキューベースボール、サンキュー正岡子規

顔がイケメンだけどメンタルがばかな営業男子が辞めるらしい。経験的に最初に入った会社が一番相性が合ってるのじゃないかという結論に至った自分としては、お前辞めるのどやねんと思ったけど言わなかった。私は、人間関係があれで新卒で入社した会社をやめたけど、人間関係が良好で会社の雰囲気も明るくて、ここが最初の会社なら辞めるべきじゃないと思う。この会社は色々と優しいと思うし。

会議終わって、社長に阪神勝ってますと言い、帰宅。

家に帰って、録画していたマザーゲームをスポーツナビアプリの速報をチェックしながら見た。マザーゲーム結構好き。子供かわいいし、木村文乃かわいい。木村文乃好きなのだけど、新卒時代に超きつくあたられた先輩に似てるから心が痛い。

こういう子供が出てくるドラマを見てると自分の子供時代を思い出すのだけどぱっとしてないので思い出して悲しくなる。子供時代は、人見知り、よく泣く、存在感がないと散々だった。母親が私を忘れて帰るという事も多々あったらしい。

ちょいちょいスポーツナビアプリで野球速報をチェックしていたけど、阪神が負けた。負け方がひどい。メッセ、ハマスタで打たれすぎじゃないのか。とうなだれた。すごく悲しくなったのでyoutubeで1985年のバックスクリー3連発の動画や、WBCの鳥谷盗塁成功の動画を観た。すごく感極まってきたのでお酒を飲みたくなったが我慢した。好きな球団が負けただけやのにこんなに悲しいのだ。

お風呂入って寝る準備をしたけど寝れなかったのでメールのチェックをしていたら、オファーしていたバンドからメールの返信があった。お断りの内容だった。察知していたが悲しい。私なんかが企画なんてしようと思う事が間違いなのかーーーーずいぶん先の話だから無理やったのかーーーーー私じゃない人が誘っていたらどうなっていたのんだーーーと考えれば考えるほど死にたくなっていたのだけど、気が付いたら寝てしまって朝だったよね。よく寝る子に育ったわ。

企画なんやけどやっぱり自分なんかがやるべきではないという意識がめちゃくちゃ働いている。自分を卑下する事は甘えだと思うけどどうしてもそうしてしまう。もうちょっと有能で利口な人間になりたかったな。

身内に賢い人が多いのになんで自分だけこんなにバカなのだろうか。

4/23

仕事休みたいなと思った。ずっと寝てたいなって思った。

毎日元気に会社に行ってるので今日病気ですねんと休んでしまうと確実にずる休みだとばれてしまうので休む事を諦めて会社に行った。人間諦めが肝心であります!

仕事は普通だった。しんどくても声をはっていけばなんとかなるだろうという体育会系考えが隠れているので電話に出た時や話さないといけないときは声をはった。

雰囲気的に体育会系らしいのですが、体育会系ではござんせん。学生時代、授業が終わったら光の速さで帰っていたよね。

定時になってくたくたやわと思って帰る準備をしていた。会社に出る前、営業男子に頼まれた仕事も元気がなくて、すごく雑な感じで受けてしまった。

はーくたくたやわー明日金曜日かよーと思いながら駅にむかい電車を待っている間、ツイッターをひらけた。ジョンスリープさんからリプライで増井ビルにいつ着きますか?という内容のリプライがきた。あれ?あたし増井ビルに行くんやったっけ?てかジョンスリープさん昨日増井ビルに行ってたんじゃないの?てかあたし納品するお菓子ないんやけど、手ぶらで行ったら出禁になるんじゃないの?と心をざわざわさせながら増井ビルにむかった。

向かう途中、これ増井ビルに行ったらばーかって笑われるパターンじゃないのかと心底心配した。心配しすぎてチョコレートを買ってしまった。

増井ビルについた。ぺけたんがいるのかなと思ったけどジョンオンリーだった。

レコードプレイヤーがまわっていて、レコードプレイヤーがまわる環境を整えたいなって思いました。ジョンからオリジナル先生がミックスしたコンピCDRを頂いた。

君島さんとジョンと談笑。ジョンが持ってきた君島家にささげるお土産をおすそわけえしてもらえた。おいしすぎてしぬよとのことだった。あ、あたし今年の11月に企画やるのに死ねない、、、と言ったら誰かに託しなさいとの事だった。

めちゃくちゃ美味しかったけど生きていたので企画がんばります。

ジョンの本名をあてる時間が楽しかった。絶対直斗だと思ってた。

ズベ公にこう呼ばれるんでしょというデリカシーのかけらもない話とかした。

鉄砲玉先生が野球経験者としり、私のようなものと野球の話をしてくれるのかと聞いたら、ぐいぐい来るところが合うと思うので大丈夫だと思いますよと言われ、あたしはぐいぐいいくスタイルの人間だと初めて認識した。酔ってる時はぐいぐい行ってる気がすぐけど、シラフだぜ、今シラフだぜと釈明した。

この話を機に自分の泥酔時によるグイグイ度合がひどかった事を思い知り反省した。企画誘いたいがために酔っぱらってオファーしてしまった皆さますみません。。。

君島さんとジョンと話してる時間楽しかったな。あ、間違ったことしゃべってると思う瞬間何回かあったけどまあいいかと思って反省しなかった。日記はちゃんと推敲して改行するという事をこれから意識しようと思うよ!

文章というか日記を褒められるのはうれしいのですが言い過ぎ~もったいなきお言葉やで~と度々思う。

なぜ日記を書こうと思ったのか、残しておきたいという気持ちはあるのかみたいな事を聞かれた。日記を書こうと思ったのは暇だったからという理由だった。高校生ぐらいから書いてるからそれが日常化して書かないとっていう気分になる。高校生の頃は28歳になってもひまで日記書いてるとは思ってもみないよな。

企画をやったとかの事実は残しておきたいけど、過去の自分の超絶な日常を記した日記なんて早いところ消したいけど消す理由もないのでおいている現状。結婚するときになったら消すわと意気込んでいる。

高校生の頃、国語の先生がやたらと文章を褒めてくれた事を思い出した。今もやけど昔も文章を書くのは好きだったけど得意ではなかったし上手くなかった。高校の時に出された課題にも、どうせお前、読まんやんけと思いながら文章を書いたらそれが先生の好みにあってめちゃくちゃ褒められたのだった。

いつから日記書いているのと聞かれはてなでは7、8年ぐらいですかねという話をした。高校生の頃は他のブログのサービスで日記書いてたからという内容の話をした。

昔の日記以上に恥ずかしいものはない気がする。

 

ジョンスリと想像以上に歳が離れていなかった。もっと若いと思っていた。可愛い顔をしていたので超絶若者と思っていたのに。若者のポテンシャルとか言うてた自分が恥ずかしい。

家に帰って、オリジナル先生ミックスのコンピ聴いてる。感極まっている。すごく良い。良い音楽を知っている人は、本当に尊敬します。

会ってみたいなー死ぬまでに。

どうしょう、福岡までの手続き色々やってしまったよーーー。