気分はれない

9/13

ヨガに行った。ようやくダウンドックの感覚わかってきた気がすると思った。猿手からの脱却!脇をしめるというのがポイントなのかもしれない。

できないポーズがあると先生に聞いたり、インターネットで検索してやりやすい方法を探す私は本当にまじめな気がする。自画自賛です。

帰ってきて借りてきたDVDを観ながらご飯を食べた。アランカミングめちゃくちゃ良かったな。素敵だなと思ったし可愛いなと思った。

 

 フライヤーを持って、新宿、渋谷方面のライブハウスに折り込みをお願いしに行った。東側に住んでて東で働いているので本当に東から出ない。ここは交通網が封鎖されている独立国かとか思ったよね。渋谷新宿に行く用事が本当になかったので久々だった。

渋谷新宿が久々って私は東京で何をしているんだろうという気分になっちゃうよね。

企画をやるたびにライブハウスに行ってフライヤーの折り込みをお願いします!と言っていると、色々わかってくる。ちゃんと対応してくれるところとそうでないところがはっきりしてて面白い。というか面白がらんかったらやってられんわ!

対応悪かったライブハウスの店員さんは、私がわりと好きなバンドのTシャツを着ている人だった。わかるよ、わかる。バンドやってるわけじゃないし、フライヤー持ってきたやつが顔見知りじゃないし、フライヤーに書いてるバンドがそこのライブハウスに頻繁に出てるバンドじゃないっていうのもわかるし、まあそうなるわなという諦めの気持ちもこちらとしては湧いてくるけど、なんかちゃうやろと思った。

フライヤー持ってきた私がもし顔見知りだったら、絶対対応ちゃう気がした。エレベーターに入って扉がしまる直前にみた、段ボールに投げ落とすスタイル一生忘れないよね。微妙だなと思っていたライブハウスはいつまで経っても微妙だなと思った。

気分が晴れないから神保町視聴室に寄った。1983のライブが始まっていた。新間ファンなので新間さんがリーダーを務めるバンドに興味があり、観てみたいなと思っていてやっと観にいった。失礼な話かもしれないけど、予想以上に良かった。(一回、サウンドクラウドで聴いてあ~こんな感じかと思った事があった)

今こういうタイプの音楽って演奏してるバンドってたくさんあるんだろうなと思ったけど、色々聴いても一番良いと思うんじゃないかと思った。ギターボーカルの人の歌声めちゃくちゃ素敵だった。一気にこころが晴れたわ。観にいってよかった。

新間さんが所属しているバンド、良いバンドばっかだなと思った。

トリの俺こんはいつ観てもノリにくいなあ~、どう楽しんだらいいんだと思うのだけど、まるっと飲みこまれて、楽しい気分だった。新しい曲難しそうだった。

キーボードの増田さんが譜面台にかけているタオルが、西武ライオンズのおかわりくんタオルだった。交流戦の悪夢がよみがえってきた。悲しい。つらい。

ライブが終わって、俺こんの増田さんと野球の話をした。楽しかった。フライヤーの猛虎感がバレバレだった。1983のCDを購入した。11月の企画でお世話になる、新間さんによろしくお願い致しますと挨拶をした。

家に帰ってイベントの紹介文を書いた。寝た。

広告を非表示にする