うっかり

11/8

思いたって浜松に行く事にした。久しぶりに思いたってしまった気がする。

駅の売店でサンドウィッチとおにぎりを買ったら両方、たまねぎが入ってた。我が家系、ネギ関係がちょっと苦手というかだいたい苦手。ていうかハムサンドに玉ねぎをいれるセンスはどうなのかと疑ったのだが、これは普通な事なのかもしれないという気持ちにもなった。

浜松到着。人生で3回目ぐらい。キルヒヘアは、エクストルーダーズのワンマン以来なはずなのに一切迷わずたどりつけた。私、方向音痴じゃないかもしれないと錯覚するほどだった。

キルヒヘアの受付が企画者の八木さんだった。八木さんの驚きが半端なかった。昨日企画じゃないの?え?なんで~?みたいな感じ。いや~思いたってきました的な返答をしたらありがとうととても歓迎してくれた。人生でこんなに歓迎されたことはないよ。と静かに思った。

フォークイナフの皆さんにも想定外というか予想以上にというか、なんなんやろ、来た事に対して喜んでもらえて恐縮しまくりだった。歓迎されたことがないから気の利いた反応ができないという弱点出ちゃったよね~。

towelっていうバンドが良かった。かっこよかった。久々に観たtatamiもかっこよかった。フォークイナフはストイックにロックスターだった。

八木さんみたいに愛される人が企画をやっていくべきな気がした。私は大阪から東京にきて企画をして、環境的にはやりやすいかもしれないなと思った。

東京じゃないところで企画をする大変さは尋常ではないと思う。

今回で2回目なのだけどキルヒヘアすごく好きだ。

フォークイナフのトートとTシャツ買った。

去年、浜松に遊びに行ったときに寛大な心で仲良くしてくれた大人こと、平野さんが転換DJをされていたのだけど選曲がすごく素敵だなと思った。

だらだら残って打ち上げまで混じった。浜松の人、本当に優しい。

ソネレコのクワケンさんに超絶失礼かつ生意気な態度を取っていたけど(呑み屋に登場したクワケンさんにクワケン~!と馴れ馴れしく呼びかける等)、クワケンさんの優しさは尋常じゃないのでまるっと受け入れ最後まで付き合ってくれた。人格者とはクワケンさんのためにある言葉かもしれないね!

何かの会話の時に、クワケンさんに嫌いじゃないと言われ、私も嫌いじゃないっすけどねと返したけど普通に好きな人やし、嫌いじゃないと言われてちょっと嬉しかったですね。

弾丸で浜松にきて行くところもない私に、クワケンさんは、ソネレコにいてもいいよとホテルソネレコをオープンしてくれたすごく素敵な寛大な大人だった。

寝落ちするまで2人でずっと恋バナしてた。ソネレコのソファの寝心地最高だった。

遠いところでライブみてへらへらすることが本当に無駄だと思ったりもするけど、行かないとわからないことがあるし、こうやって優しくしてくれたり仲良くしてくれたりする人がいるからやめられない。

クワケンさんありがとうございました。

 

フォークイナフの井上さんに音楽めちゃくちゃ好きやろ的な事を言われた事がすごく気になっている。

音楽好きやけどこうやって言われる意味ってなんなんやろうかと考えてしまった。

もっと音楽を聴けと言うことか、それとも普通にほめられたということなのだろうか。