カカオにおどらされすぎ

2/13

バレンタインデー前日っす。たっちさん30歳、ガチの高めチョコレートを購入しました。人生初です。

高そうに見えるチョコレートを買ってお兄ちゃんにこれは高いんやでという空気で渡し、かかった費用以上のお返しをもらう事で有名な銭ゲバの妹こと私がですよ、、!(千円ぐらいで買ったチョコがホワイトデーになったら現金3000~5000円になって返ってくるという魔法を使用した経験があります)

大阪の子なんでコスパを意識してしまうのでありんすよ。この代金をつかってえれる利益は果たしてあるのだろうかみたいな事を考えたりするんですよ、利益をえれないならお金を溝に捨てたも同じじゃないか、たっちよ!という呼びかけみたいなんが頭の中でこだまして、もうチョコレートなんてかわんほうがいい。好きなバンドのライブ行ったり、野球始まったら忘れていく感情やんか。と納得させられそうになったのだけど、とりあえず頭の中に反芻するそれらを排除して買いました。買いましたさあ!高いけどこれは妥当やんか、というやつを買いました。もうコスパを意識せず生きたい。後、人間がゴミのようにいたよ。。疲れたよ。。。私もこんなうかれた人生を生きたかったとすれ違う女性をみて思った。死にたくなっちゃうよね!

あ、そうだ!会社の好きなおじさんに買おうという気分になってチョコレートを探した。どれぐらい営業のおじさんの事が好きかというと飲み会の時は絶対、隣に座るぐらい好きだし、おじさんから頼まれた仕事は喜んで引き受けるぐらい好き。おじさんが外出先から電話をかけてきた時に取れなかった時はめちゃくちゃ悲しくなったりする。(ちなみにおじさんは既婚者で高校生の子供がいる)

おじさんは暇なときに仕事をくれるし、だいたい優しくオラオラはあんましないし、私が卑屈な事を言っても結構ポジティブに返してくれるし、定期的にお菓子もくれる良いおじさんなのだ。だから日ごろの感謝を込め、渡したいなあと思ってちゃんとしたのを購入しようかと思ったのだけど、私、会社でわりとおじさんのことが好き好き言ってるので、周りがこいつまじやんけってなったら困るし、おじさんがお返しとかで気をつかわんようにしてもらいたいなあというのがあったのでちゃんとしたのを買うのを断念した。ビレバンで超適当なチョコをみつくろって購入した。

そういえば会社の男性にあげようと思うの初めてな気がした。

2/14

仕事も暇なのでチョコレートをばらまくために会社にきたら本当に仕事も暇でやる事があまりなく、デスクにおでこを近づけたくなるくらいのレベルだった。

ひまだ~ひまだ~と思いながら過ごしていた。現場から帰ってきた好きなおじさんにチョコレートを渡そうと思ったけど、いつもより事務所に人がいて渡しにくかった。(事務所にいる人の中ではおじさんにしか渡そうと思ってなかった)

普通に渡して、そういうの迷惑やしとイケメン口調で蔑ろにされたらどうしようというネガティブな妄想が突然ふわっと浮いてきて頭を抱えた。繁忙期のこの時期にイライラしているかもしれないからありえなくもないしなあと妄想を否定できない感じだった。

おじさんに仕事を頼まれたので、そのついでにいつもお菓子貰ってるんでと言ってそっとビレバンの袋にはいったチョコレートを机においた。最初はそっけなかったのであ~根性がイケメンなのか、、、!と思ったのだけど後々わりと感謝してくれたのでまじでちゃんとしたやつを購入すればよかったなあと反省しながら、中身はチロルチョコの詰め合わせとビスケットですとえへへと苦笑いのついでに伝えた。

帰り際にもありがとうとお礼を言ってくれたのでまじでちゃんとしたん買えばよかったなあ。。。と再度反省してしまった。

おじさんは品もんより気持ちをくんでくれたんかな、、というきになった。

高いチョコレートは渡せずに、持ち帰り返品で我が家に舞い戻ってきました。可愛いアベノイズに食べてもらう日も近いのかもしれないね。