人徳の人とは

6/29

仕事が終わっていったん家に帰り、グッドマンに向かった。本日はヨシュアカムバックのライブを観るという仕事が残っていた。人類の永遠の仕事、それはヨシュアカムバックのライブを観る事だと私は思うだ。

グッドマンについてビールをぐいっと飲んだ。次はヨシュアの出番だった。

わたしはよしこさんが好きでよしこさんの歌声も超好きで、バンドでギターをかき鳴らすよしこさんも超好きだった。

ライブを観た。よしこさんの歌を聴くと救ってもらっている気がする。

共感できる非現実の世界を歌っているわけではなく、私のようなものにでもわかるような生活、現実の生活をよしこさんはただまっすぐ歌っている気がして、それがよしこさんの歌がいいなあと思ってしまうところなんじゃないのかなと思った。

リア充でもなく孤独でもなく貧困でもない本当普通だけどまあ物足りないなあと思う毎日をヨシュアの歌が埋めてくれそうな気がするんだな~とライブを観て思った。

よしこさんのギターの弾き方は本当にロックで、企画の時のコンベックスレベルの渡辺さんを思い出したくらい。これは、わたしの好きなバンドと共演してもらわないとおおお!とちょっと興奮した。

www.youtube.com

ライブ見てたときにちょうどこの動画が脳内を再生させたので載せとく。

ヨシュアのライブはすごく良かった。定型文みたいで本当に嫌なのだけどロック感がまして本当にかっこよかったし、しまっていた気がした。

ライブハウス内の空気にのまれて帰りたいなあと思ったのが多々あった。やっぱイベントやるのって人徳じゃん?って話をまた自分でぶりかえした。

別に関係ないことだからいいのだけど違和感を覚える事が多い。