そーぐっど

10/5

無職のプロと自称させてくれ、と思う今日この頃です。目覚ましをかけずに目覚めたいときに目覚める感じがあります。睡眠時間を制限してないので本当にめちゃくちゃ寝るし、びっくりするぐらい夜はすんなり寝れない。

ヨガに行った。仕事を理不尽にクビになったりしたので情緒が不安定だろうなって自分の事を客観視しているのでヨガのレッスンはリラックス系にしている。パワーヨガとか受けたら死んじゃう気がするんだよ。

夕方から面接。良い会社っぽいしここで働きたいな~って思ったけどそう思ったら働けないパターンが多いからつらい現実だよね。仕事がなくて落ち込まない、面接に落ちても落ち込まない、もうメンタル鋼じゃない?ぐらいの勢いだった。

面接が終わってふらふらしていたら工事現場の看板をみかけてなんか見覚えがあるな~と思ったら前の職場で関わっていた現場だった。2か月しかいなかったのにこうしっかり覚えている自分が恥ずかしい。見覚えのある住所だなって思ったいたんよなあ。と思いながら帰った。

10/6

りゅうこさんとりゅうこさんのお子と昼ごはんを食べた。りゅうこさんのお子はスペシャルにかわいい。数回あってるんやけどわりと懐いてくれている気がして、相思相愛な気分だった。ライブを観に遠いところまでいっているのでなんとなく新幹線の話を合わせる事ができ、りゅうこさんのお子としゃべっていた。

ドクターイエローたことあるー?とかたっちはやっぱN700系が好きやわ~とか、さくら乗ったことあんでーみたいな。対2歳なんやけど。

ご飯を食べて、ガチャガチャをしにいった。大人としての威厳を保つために、千円札を小銭に両替して準備万端だった。ガチャガチャは、トーマス系のやつだったのだけど、列車系はひとつもでてこず、レールや駅舎や、よくわからんけど恐竜が出てきた。

たっち30歳は悟ったわけよ、これ以上小銭を投入しても列車系は出てこないし、お前の人生もそうだろ?という感じだった。ガチャガチャで人生を悟るとは思わなんだ共和国です、本当。

その後、りゅうこさんとりゅうこさんのお子と新幹線を観にいき、りゅうこさんのお子以上にテンションがあがった。東北系の新幹線まじかっけーって感じ。っていうかこっから新幹線で北海道行けるとか誠のことかよとお思いました。青函トンネルどうすんねんって話ですよ。北海道新幹線乗ってみたーい。北海道に行く用事が思い当たらないけど。

りゅうこさんのお子がねむねむ状態で解散したけど私もめちゃくちゃねむねむで家帰って寝たるぜ!と意気込んで帰宅したけど全く寝れなかった。

雨がひどかったね、夜。DVD観た。

 だれか愛したいと思ったことは言うまでもないですね、あいていないけど。

ラビング 愛という名前のふたり [DVD]

ラビング 愛という名前のふたり [DVD]

 

りゅうこさんと合流する前に、前の職場の若い派遣さんからもう無理!辞める!というラインが入っていた。解雇された時は悔しい気持ちだったけど、他人事だからだと思うけど徐々に面白くなってきて、スーパー他人事の空気で大変ですねって思う事ができている。

現場でがんばろうぜってがんばっている人間を切っていってどうすんだろうな~この会社って感じ。妊婦かつ名ばかりで何もしてない女性課長の言う事をうのみにしてるのってどうなんだろうなって感じ。こいつ産休はいるのになんでこんな空気悪くしてるんだろっていう疑問はずっとあるんやけど私はもう関係ないのでどうでもいい。

 10/7

無職になって夜がすっと眠れなくなって、寝る時間が遅くなった影響で起きる時間も遅くなっていた。起きて、TSUTAYAにDVDを返しにいった。

家に帰ったらおかんから電話の着信があったので折り返した。

うちのおかんは、なぜか帰ってこいよって言わない、言われたらすぐ帰るんだけど言わないので帰れない。兄がいつ大阪に帰ってくるのかという話と前の職場の話とか寒いから気をつけやという話をした。

 面白くなかった、数年みた中で一番面白くなかった。

名古屋の天使ことともくらちゃんが東京にきてるやらしく、会いにいった。今日の服装が前の職場の遺産というのが正解なのか、地味なトップスを着た。基本的に暗い色、地味な色を選ぶ事はないのだけど、前の職場にちょっと馴染もうという努力の色を出したせいで購入した服が数点あって、総合的に後悔と無駄使いという結果しか残らなかったわけだった。

暗い服と暗いバックと眼鏡をかけて、名古屋の天使に会いにいったら、なかなか名古屋の天使が現れず、私がこんなくらい色の服を着ているからだ、という思いがわんさかでてきて死にたくなった、暗い色を着ると気分が死ぬ。明るい服を着たい、明るい服をきてソウルを聴きたい。メンタルヘルス的にはそこまでしたい。あげあげだぜ。っていうわけ。

名古屋の天使は1時間後ぐらいにきた、私は先に勝手に決めた店で勝手にビールを飲んでいたのでなんの怒りもなかった。

名古屋の天使とは2年ぶりぐらいだった。2年会ってないとお互い生活は変わっている気がするけど、こうやって思い出してくれた事が何より嬉しかった。イベントをやってるけどやっぱりその場だけだし、思い出して連絡してくれる人はまずいないし、やっぱそういう事をしてくれる人はずっと好きだなという気持ちがある。

最後の方で天使の友人と合流して、また名古屋に遊びにいきたいなって思った。

私は上京してから遠くにいってなさすぎてだめだなって思う。

明日は早く起きれたら京都メトロに行こうと思う。起きれなかったら家にいる。