大嫌いなやつの顔に

11/9

何もない日だった。朝からヨガに行ってレッスンをうけてきた。好きな時に起きて好きな時にごはんつくってたべて好きな時にお酒飲んでとか自分の好きな時に自由にやりたいことをやっているから仕事が見つかって、はい、決まったルーティーン!ってなるとそれに順応していけるのかなと不安になります。

 

Melodies [解説付 / 国内盤] (WNCD004)

Melodies [解説付 / 国内盤] (WNCD004)

 

 最近また聴いている。

どんな気持ちになっていても音楽は聴きたくなるので不思議です。

無職なので夕方の早い時間に銭湯に行っている。当たり前なのだけど銭湯にもコミュニティがあって、生活とはコミュニティに属さないと何もできないのかなと嫌な気分になったし、年齢を重ねても誰かとコミュニケーションを取らないといけないのかと思うとぞっとするよなあって思った。

銭湯でぞっとした30代はたぶんわたしだけな気がします。

11/10

朝から面接。今日も私は代謝が良いみたいだ。周りを見渡せば冬物のコートを着ている人が多かった。無職は代謝があがりがちという説を唱えたい、やっぱり。

本社が渋谷の会社に面接に行った。毎度おなじみこんなに経理経験があるのに経理じゃなくて良いんですか?と聞かれる。(経理じゃない事務だった。)面接の段階で聞くなよって毎回思う、良いと思ってるからきとんねんって言っちゃいそうだった。

今まで経理経験があって経理しかできないと思ってたけど、正直、経理の仕事をしている人とは合わない気がしてならない。

数字を集計するだけの仕事に限界を感じます、私はもっと売上に関わる部分で貢献していきたい的な事を言っててまじで何言っちゃってるんだろうなって思うわけだ。面接が終わって、渋谷の歩道橋から見える景色に違和感を感じて、なんだろ、なんでこんなに働きたいと思ってるんだろって自分に対して疑問に思った。

事務の仕事だったら、入社したら2か月ぐらいでバリバリできるようになるけど本当にむいている仕事ってなんだろうなって考えながら次の面接へ。

時間が余っていたので近くのコンビニで時間をつぶす。

公園でおにぎりと揚げ物でも食べるか~と思ってレジに並んだ。レジのおっちゃんがめちゃくちゃ良いおっちゃんでたっち癒されるという状態になった。おっちゃんは、本当に優しくて職がなくて彼氏もいない可哀想な30歳っていう状態がぱっとわかるサイコメトラーなのかなと思った。おっちゃんサンキューだわ。

時間になって次の面接会場へ。会計事務所。

自分は会社に勤めたいと思うけど占いにいくとお前には組織というくくりは狭すぎる!と言わるし、しゅばばばっと仕事を片づけたいという思いもあるから占い師の組織にはむいてない発言は本当そうだなって思う。

自分は会計の仕事にもむかない気がすごくするんだけど、もっとスキルをあげたいという事を主張した。

面接に行くと毎回、学生時代スポーツやってた?と聞かれる。やってないのでやってないというのだけど、もうやってるかやってないかなんてわからないんだから嘘ついてもいいんじゃないかなって思ってきた。

趣味を聞かれて野球を見るのが好きですというとどこファンと聞かれ、大阪出身やから阪神ファンでしょ、わかるわハハハって笑われ終わる瞬間が数回あって、その瞬間が本当に嫌でお前ら道頓堀川に沈めたると思ったりもするんやけど、今回の人事担当の人は、金本が頑張ってるからなあ~とボソッと声に出して思わず笑ってしまった。私もそう思います、金本は頑張ってると思います、、、!コーチ人事はへたくそやと思いますけど、、、!と言いたかった。。

野球好きというと本当に話のネタになる。話のネタになるけど採用うんぬんとはまったく関係ないけどな~。

面接が終わって帰宅。録画していたドラマとウシジマくんを見ながら時間をつぶしていた。ウシジマくんをみながら焼きそばを食べていて、企業の人から電話がかかってきた。どういうテンションの自分を登場させればいいのかわからなくて笑うところじゃない場面で笑ってしまったりして失態だった。

年末に名古屋に行く事が確定した。ラブウィルがライブやるならね、と思った。私の中で時間全然流れてない。