US

2/11

福岡のキースフラックに行った。

去年の3月にテッポーシーンを呼んで(という表現は本当におこがましくおもえるのだけど)イベントをやった。あの時はテッポーシーンに断られたら辞めようと思っていたし、断られるだろうとも思っていたのでたっち企画は実現しないものだと小さく思っていたのだけど、オファーしたら本当に懇切丁寧に応えてくれて、そのおかげで、あの企画があった。もともとテッポーシーンの音楽は大好きだし、あれから全然観てないし、隙あれば私はライブに行きたいと思っていたのだけど仕事を解雇されたり色々あったので実現できなかったのだが、大好きなテッポーシーンがこれまた大好きなフォークイナフとイベントをやると聞いて(一緒にやってるイメージが福岡から離れているせいかあまりなく意外な組み合わせが共催やなと思っていた)、ゲストがコンベックスレベルだと聞いて、航空券を取る手を止められなかったわけだった。

そう、私は福岡にいて、キースフラックに今いる。

受付が小貫さんと丸山さんでめっちゃなごんだ。私は音楽は中身だ、演奏している人が好きというのはなんたるこった!と思っていたのだけど、本当に例外で、テッポーシーンの人は大好きであるな。と思った。

トップはフォークイナフだった。前までは偶然の奇跡だと思っていたのだけど、すべてが計算されていてフォークイナフじゃなきゃできない演奏を今聴いているんだろうなって当たり前のことを普通に思ってしまった。めちゃくちゃかっこよかった。我慢しようと思ったけど我慢できずに酒を買いに行ってしまった。渋い、渋すぎるし、なんだろ、これまでみていたものに首を傾げたくなるほど良かった。最高ーふぅー!って感じ。

次はテッポーシーン。転換の合間に、浅田さんに声をかけた。来ましたというどうでもいい報告。でも笑ってくれて。ほぼ1年ぶりなのに、そんな感じがしなくて不思議な気持ちだった。ライブはやっぱりCD聴くのと違って本当に良い。丸山さんのギターの渋さとか、ボキャブラリーがなさすぎて書けないんだけど本当最高だった。テッポーシーン大好きすぎてちょっと死にたいぐらいだった。

ライブ観ていて思ったのだけど、また自分の企画にテッポーシーンに出てもらいたいという気持ちが増した。そのためには企画を続けて、出てもいいぞーーーー!と思ってもらわないといけないたっち企画にしていかないとなあと思った。

テッポーシーン本当大好き、とりあえず今日は寝れそうにないなと思った。

トリはコンベックスレベル。ワタナベさんに今日どんな曲やるんですか?と聞いたら詳細に教えてくれたのですごいなコンベックスレベルと思った。

荒々しくもかっこよくて最高だった。ロストアンドファウンドやってたけど、よくここで演奏したなという気持ちになったけど全然飽きずに聴けた。

自分は、関西、東京でのライブはみた事あるけどそれ以外でのコンベックスのライブはとても新鮮だった。なんだろ、recent show(スペル曖昧)をチェックしていたけど、ここに立ってみると、感じる事が違う気がして、ライブってくるべき場所なんだなと思った。アンコールなしで終了。

本当良いイベントだった。

自分も頑張りたいと思った。行ってよかったとこころの底から思っている。