代表ぶちぎれ

3/8

仕事。代表がえらく機嫌がわるい。新しく入った営業マンから質問をうけて説明しているとなんやかんやで話にはいってきて文句をつけキレてきて、もうたまらんぜよっていう話であった。代表は業界でもすごくできる人で有名なのだけど、できるのは仕事だけで基本的に人望がない、ひとかけらもない、目に見えるレベルでは存在しない、ていうか存在しない。という感じ。

代表が出社する前からわたしなんでこんな事で怒られなあかんの、病んでんの?と代表に聞きたくなるぐらい理不尽な感じだった。新しい営業マンと相談すればいいじゃんっていうのだけど、相談してるから!わざわざお前に直に聞くほどお前の事慕ってないから!という感じなんですけどね。

そりゃこんなんやから人がついてけーへんし、一人で会社やるはめになるねん、かわいそうやな、気づいてなくてと、温かい目で見ると怒りを通り越してなんだか可哀想になってくるのでおすすめだなと思った。また怒った自分にすすめたい感情療法です。

離職率100パーセントはなかなかだ。

昼前に本社の総務担当者が事務所を訪ねてきた。仕事でなんだかんだ言ったので、私刺されるかもしれないという恐怖もあったけど、刺されはしませんでした。

会ってみると私もわりと良いやつなんですよ。

夕方ごろに新しく入ってきた営業マンと代表が打ち合わせをするということで私は自分の仕事を全うしていたのだけど、ミーティングルームから代表がキレているのだなとはっきりわかる口調というか声量が聞こえてきて萎えた。たまらず、本日、有給休暇の同僚の女性に連絡。連絡のやりとりをしている最中に、代表の怒りがマックスになり逃亡。こっちが吸う空気まで薄くなっている気がして、同僚の女性に空気悪すぎると送る。定時になってやる事もなかったから事務所を脱出。同僚の女性が、新橋で飲んでるから来なよと誘ってくれたので向かった。ピリピリとした空気を一人で抱えてしまったので早く発散したくて新橋に向かった。同僚の女性とその旦那さん、旦那さんの同僚の女性Eさんがいた。最近の私は、人見知りという概念を打ち破った側の人間なので知らない人でも話せます。同僚の旦那さんと会うのかれこれ4回目ぐらいなのか、今の会社に入って3か月ちょいやけど結構同僚の女性と遊んでいる。

代表の機嫌が悪かった~営業にブチぎれたという話を事細かに説明し、みんなの同情を得た。なんやかんや言いながらどこでも空心菜を注文しちゃう私の可愛さを知ってほしい。

2軒目は立ち飲みに行ったのだけど、気づいたら全然知らない人と話していて、がばがば飲んでいた。最近、本当飲みすぎている気がしている。夢と現実の境目が全然わからない。酔いながら帰宅。明日も仕事ですね。知ってる。