そう私は機械

5/29

仕事後、録音ボタンと停止ボタン、巻き戻しボタンをさっと押す機械になる日だった。

仕事が終わって、新宿にむかった。指定された時間より前につくはずだったのだけど、道に迷った。新宿怖いよ、つかないよ、全部同じ道に見えるよという三重苦。

心の中でたっち、落ち着け、冷静に考えろと言い聞かせながら、もう一度地図アプリを開き、スタジオにむかった。ついた。

指定された時間から遅れてしまったのだけど、皆さんめちゃくちゃ優しく、違う世界に来たのかなという気分になった。

最初、焦っていたのかだいぶポンコツで、落ち着いてと励まされたり、本当にポンコツだった。好き音楽をまじかで何度も聴け大変幸せだった。この水面下のプロジェクトは総合的に自分のわがままと思っているのだけど、誠実な対応をしてくれて、本当嬉しく思った。本当に違う世界に来た気がした。異世界だったよ。

よしこさんの歌、ヨシュアカムバックの演奏を何回も聴け、私は明日への活力みたいなものを見いだせたような気がした。何もなく健康で生活が続いていくのは平和なのだけど、それはそれでなんでなんだろうと思うことが多々あり、年齢があがっていくにつれ、好きな音楽は好きでいちゃいけないような気がするし、ただ時間を消費するだけの生活に嫌気がさしていたのだけど、今日の演奏を聴いてまあそれはそれでありなのかもしれないなとまた思った。ただ時間を消費しながら、退屈さを楽しさに変えるべきなのかもしれないなと思った。

偉大だ、ヨシュアカムバックの音楽。今になって気付くのは遅すぎるのかもしれないな。