おにいちゃんと!

7/16

実家から救援物資が送られてきて、おかんからあんたちゃんとお兄ちゃんに連絡とって渡すんやでときつく言われたので、お兄ちゃんに、おかんから送られてきた荷物渡したいから~と連絡。

集合場所が新宿の思い出横丁だった。ここで飲んでるからというラインあり。私は思い出横丁に行ったことがなかった。お店についたらお兄ちゃんはふつうに飲んでて、なんでも好きなん頼みいやといったので私はビールを頼み、何かご飯を頼もうとメニューを見ていた。私は優しい妹だから、お兄ちゃんに、なんかいらんの?と聞いてあげるナイスシスター気質は常々持ち合わせている。お兄ちゃんはメニューをみて何品かチョイスする。そのチョイスが全部、私が注文しようと思っていたもので、血縁関係の濃さを感じた。(うちはわりと顔も似ている)

お兄ちゃんはわりと話が面白いし、基本的に野球速報をチェックしてもなんも言わないし、酒を頼んでもなんも言わんので最高という生粋のブラコン魂が疼きましたね。

コーヒー牛乳ハイを頼んで、飲んでみたらほぼ牛乳で、アルコールの雰囲気もなく、これは酒として認めてもいいのですか?と尋ねたら、お兄ちゃんはかばんをごそごそして、テキーラあるわとテキーラの小瓶を出してきた。お兄ちゃんなんでテキーラあんの?と妹は尋ねるわけですが、友達のメキシコのお土産やで~と返してきた兄。

お兄ちゃんと話すことがなさそうやけどなんだかんだ話すことがあり、不思議だなと思う。2軒目に、念願の岐阜屋につれていってもらい感動。きくらげ最高やなと兄妹で感動。たまに私のどうでもいい話で超うけることがあるので、お兄ちゃんもたいがいシスコンかもしれんと疑ってしまうことがある。

きっちり全部払ってもらって、駅まで送ってもらい帰宅した。私が男性に抱いている理想はお兄ちゃんが原因なのかもしれんのうと思いながら帰った。岐阜屋また行きたいなあ。