丸ノ内サディスティック~幸福論

3/4

同僚の女性と職場付近になれちゃうと渋谷とか新宿もういけないよね、丸の内もこわいねという話をしたことをおもいだして、そういえばわたし椎名林檎をちゃんと聴いたことなかったな、カラオケで誰かが歌っていてそれでしか知らず、聴いてみるかと思って朝、無罪モラトリアムをダウンロードして、会社に行く準備をした。

寝てみる夢がこれまた現実っぽく会社を遅刻する夢だった。起きたら12時すぎだった。という夢。えげつない現実かと思えば夢。最近寝てみる夢が現実そのもので、絶望なんだよ。今日も雨だ。雨なので一本早めの電車に乗った。相変わらず混雑している。

 

無罪モラトリアム

無罪モラトリアム

 

 この年齢になって聴くと良いなあって思うのだけど、当時、中学目前の小学生だった。

意味わからないだろ、と思うね。そういえば塾の先生が丸ノ内サディスティックの意味を解説していた映像が満員電車に揺られている私の頭に浮かんだ。先生ブランキー好きだったな。

最近、昔のことをよく思い出し死ぬのかという不安を抱える、頻繁。死なないのに不安を抱えすぎてまじ常習犯だと思うね。万引きだったらもう刑務所の中だね。

仕事。先週お客さんのところにいっていた。2件。あんなに丁寧にメール送ったのに返事もこやんのけ!と思ったけどまだサンプル届いてないからなのかな、メールの返信もできないほど忙しいのかなと思う事にした。

スーパー事務員こと私は月末月初の事務の仕事に追われていた。やればできる、やらねばできない、何事も!!!と思って好きでもないグミ(めちゃくちゃすっぱい)を食べながら頑張った。明日頑張るね。明日の私頑張ってくれ。という置き土産をしてきた。今日の私は定時で帰りたかったの。

会社のストッカーがいっぱいになったので何かどこかに送れという指令がでて、知人に着払いで送ってもよいか?と確認をとったらいいよと返信がきたのでめっちゃ神と思ったことも今日はあった。

昨日生活が楽しいと書いたけど、昔遊んでた人が結婚、妊娠をへて、子供がうまれて、と人生の道筋を立てていることを思い出すと、私は一体なにをしているんだろうかという気分になることもある。それをのんだ時に、同僚の女性に言ったら、たっちさんは仕事もあって働いていて、趣味があって、やりたいと思うことをやっているし、それめちゃくちゃ良いやん、何が落ち込むことがあるのかと叱責されましたね。

そうなんだけど、結婚は誰かに認められること、許されることだと思うから、困難をひとりで乗り越えたくはないのだけどひとりなのでどうしても乗り越えてしまう。そこでふいっとあらわれないもんかねという話もした。現れないんじゃない?ということだった。

そうか、そうなんだ、許されないのなら好きなことをすべきだと思う。

だから、これ行きたいなって思ったライブを、これ私がいってもよいのだろうか、、遠い目と思わないようにしたい、、あきらめないぞーというよくわからない結末が今日の日記になりそうですね。

書いてるわたし普通に素面です。