企画のこと【やろうと思った理由と9月企画の事】

8月30日と9月7日に小岩ブッシュバッシュ(〒133-0056 東京都江戸川区南小岩7丁目28−11 ファストセントラル1F)で企画をやらせてもらいます。

去年コンピを作ったのでレコ発をやりたい、1日通してやりたい、という無理を聞き入れ、お世話になったことで、私がもっていた小岩ブッシュバッシュに対する壁(というか偏見だな)がなくなり、ちょくちょく遊びにいくようになって、考え方が変わってきて、またここでイベントがやりたいなあとおもったのが始まり。

考え方が変わってきたと書いたけど、知らなかった事を知ったってのが適切なのかもしれない。

こんなに色々な音楽が鳴っていて、色々な音楽を受け入れる度量の深さといえばよいのかな、適切な言葉が浮かばないけど、そういう場所が存在する事を知らなかった。

 

最初は9月の企画で、アンドヤングを呼びたいぞ~!と思って行動に出た感じ。アンドヤングに企画に出演してもらった事は数回あり、いつもここ(ライブハウス)でアンドヤングが観たいぞ~!と思って企画していた。二万電圧で観ても秋葉原グッドマンで観てもアンドヤングの空気は何一つ変わらなかったように思ってて、どこでやってもアンドヤングの音楽がライブハウスの雰囲気を変えていくような気がするんでブッシュバッシュの雰囲気をどう変えるのかが気になっている。

今回はコンピに収録している曲を演奏してほしいという思いからand Young...ではなく初期のアンドヤングという名義での出演です。初期編成なのでドラムの方が違いますね。

 

アンドヤングを呼ぶなら共演は絶対ヨシュアカムバックだ!と思い出して数年。叶いました~。ヨシュアカムバックは東京という狭い区域で限定するならもちろん一番よいうたをうたっていると思うし、とにかく演奏がうまい。(前回の企画の紹介文の時も書いたな)生きていると毎日繰り返して同じ仕事して死ぬまでこれかと絶望を感じるのだけど、ヨシュアカムバックのカッパーフィールドの嘘とか聴くと毎日同じことを繰り返していてもよいのか、これも人生!って思うので日常をうたわせたらこんな最高なバンドいないんじゃないかと思います、私的意見ですけど。毎回、ステージドリンクとしてのお酒が何か気になっています。小岩が似合う女~ボーカルよしこさんの飲みっぷりに注目したいと思います。

 

初めてシャラポア野口さんのライブを観た時は衝撃だった(遠い目)衝撃だったというか観たことがないものを観た、あかん、、という衝撃とこんな人がいたのか、ていうかこの人なんなん?という衝撃と、このスタイル何!?という衝撃ですね。桑名正博?やしきたかじん?情報が多すぎる。

とにかく、気になった。話しかけて接点をもっておきたいという衝動が抑えきれず、すぐ話しかけて、すぐオファーし、今回の出演に繋がりました。

 

ここまでブッキングしてちょっと自分の思考回路がおかしくなり、つんだわ~と停滞モードに陥ってしまってて、あ~ちょっと頭抱えさせて頂きますねという感じになった。

停滞モード期にもブッキングは、つんでからですよ、色々みえてきますから的な感じで励まされたり、どういうバンドにオファーすれば合うのかというアイディアを出してくれたり、まじ共同企画って言ってもいいんじゃないってぐらい一緒になって考えてもらえたのがありがたかったです。神ィ。陰で神と言ってます。

 

思考回路も回復し、家でロック墓場のCDを聴きながらロック墓場のライブが観たいな~この前名古屋行けへんかったしなあ~、いつから観てないんやろう~観たいな~そうや!オファーや!と思ってめちゃくちゃダメもとでオファーしたのが今回の出演に繋がりました。ロック墓場のかっこよさは潔くて最高!と思っている。ライブを観るのが本当にめためた久しぶりなので楽しみですねとしか言いようがないです。

 

最後に決まったのはビニールハウス5。無国籍アヴァンポップを演奏する5人組ですね。

実は去年の企画にお誘いしたかったのだけど、ドラムの人が抜けて新しいドラムの人が入ってという感じで、タイミング的に全然ダメだった。復活ライブ観にいって本当に良いなあと思ったので今回出てもらえてうれしい。個人的に今回は異なる良いボーカルの人がいるっていうくくり(結果的にそうなっただけかもしれないけど)。永遠に聴いていたいというか聴き続けられる圧倒的演奏力とバランスがあると自分では思う。この組み合わせで観れるのは嬉しい。  

 

以上、の5組で35分ぐらい演奏してもらいます。ブッシュバッシュは座れるし、転換時間何したらいいかわからなくて、ぼーっとフロアにたっているということはしなくていいし、(椅子、テーブルある)、休憩する場所?座れる場所?逃げ場所?があるのでめちゃくちゃ快適だと思うし、お酒等豊富なので快適に過ごせると思いますので是非来てほしいです。