企画の話

二週連続企画終わりました。来て下さった皆さん、出演してくださった皆さん、bushbashのスタッフの皆さんありがとうございました!

8/30、9/7二週連続すきなふうにやらしてくれた小岩bushbashという場所と柿沼さんには感謝しかないです。この御恩は現世でなんとか返したい。

 

自分が企画したからという理由ではなく、判断としては自分が客として言った場合納得できる内容なのかって事で、そこから考えると二週とも本当良いライブだったし、この日しか観れない組合せだったと思う。8月の企画は、違う種類の音楽を楽しめた時間だと思った。同じ種類の音楽が楽しめるイベントより違う種類の音楽が楽しめるイベントがいいなって思っていた。その理由は自分の趣向の幅が広がると思うし、何より色々な音楽が聴きたいという気持ちからだった。

 

告知のやり方をミスったのか、東京都内という地域の異常なライブの被り方なのか、そもそも遠いからこないのか、こういうライブイベントは求められていないのか、自分のブッキングがもうマンネリしているのか、今更やけどイベントをやるという器ではないのか、と考えると本当まじ地獄~って感じなんですよ。

 

来てくれた人は良かったよと言ってくれたから良いと思うし、自分が客の立場だったらでかいイベントより、転換ごとに座れるし、ゆったりできるブッシュバッシュでライブ観てたと思うし、やった事には全く後悔はない。

後悔はないんやけど、こんな素晴らしい音楽があってライブ演奏がされていて、それを無駄にしてしまったような気がして、いや無駄という言葉は適切ではないな、ぱっと適切な言葉がわからないのだけど、とにかくめちゃくちゃ申し訳ないですという気分です。

半年前からおさえちゃったから、ライブハウス的な機会損失?逸失利益?はんぱなくな~いって感じで泣いた。普通に泣いた。

好きな事をやっていきたいし、出た損失を補填することもできる。(働いているからね!)そうなんやけど、それでやり続けていいのかっていうのめちゃくちゃ思うことです。損失を補填するのが嫌という事ではないし、責任だしね。

躊躇しちゃうよね、やり続けることに対して。躊躇しながら始めて今2019年ですけどね。

 

ツイッターでブッシュバッシュは良い場所だからという事を書いたのですが、その理由はいくつかある。

ここでイベントやる前とか頻繁に遊びに行く前とかは、自分が好きな音楽(オルタナになんのかな?)が聴けるライブイベントの内容が代わり映えしない事や、自分の中でも新たな刺激を受けるところがあまりなく、もう行かなくていいんじゃないかなって感じだった。音楽は好きやし、ライブ演奏を聴きに行くことも好きだから、理想は仕事帰りに飲みに行くぐらいのノリとか、よく行かない感じのイベントやけどなんか行ってみようかな!と思っていくというノリだった。このバンドが好きだけど、他全然知らないしな、でも気になるし行ってみよう!行ってみて全部かっこよかった、楽しかった、気付いたら色々な音楽を聴くようになっていたっていうのが理想にあった。

その理想が小岩に遊びに行くようになって現実に近づいているような気がしていた。それは場所がもつ、雰囲気だったり、特定ではない多種多様な音楽が鳴っていることや、興味をもてるものがあるからだと思うんですよね。

自分の中で変化があって、積極的に音楽を聴きたいライブ演奏を聴きたいと思うようになった。私はその点でとても良い場所だと思っている。

東京都内は本当にすごくたくさんの良いイベントがあって、自分が気にしているバンドが出るイベントが多くあって、すごいなってめちゃくちゃ思うのだけど、イベントだけを追っていると、興味が薄くなった時点で自分の中ではもう観にいかない感じがしている。そのライブハウスの良さみたいなのを感じないとダメなんだなと最近よく思う、四日市にライブ観に行ったときにふわっと思ったけど最近また強く思ったのですね。

それが早くわかれば東京出てこなかっただろうなと思う。

ここで企画して、すごいなって思ったのは、誰一人くれなかった言葉をくれたことや、ちゃんと話を聞いてくれる事だったりする。

お店からみたら顧客なわけだし、結果だけみることもできるんやけど、ここはそうじゃないのが本当にすごいところだと思う。自分の人間的質が低すぎて、もっと大きい人間になりたいものですねと思ったのは内緒です。

詳しいライブの感想は次に書く!

ちょっと自分でこれ書かないと無理な気がしたので書いている。

 

https://www.instagram.com/p/B2Jh_acp1_w/

https://www.instagram.com/p/B1z8YJ2paLT/