10/19

たまになんでこういう音楽を聴くようになったのか?と聞かれることがあるのだけど、理由は暇だからにつきる。学生時代に暇だな〜と思いネットでマイスペースで音楽を遡って、大阪に住んで東京のバンドに興味をもったのも本当に暇だったから。わたしがリアルに充実した時間を過ごせる有能な人間だったら絶対音楽なんて聴いてないしライブも行ってない。他人の友人にすすめられた、サークルでという経験値がわからなさすぎて、他人にすすめてもらえるんですか!?音楽!?みたいな気持ちはずっとありました。
そんなリーブミーアローンではないですが、ライブにいくのも一人、音楽を探すのも一人という寂しいわたしが、深夜イベントに行きたいと思った。深夜イベントとか寝るし、知り合いがいないと死ぬやん?って感じだし、行きたいという気持ちのまま終わるんだろうなと思ったけど、今年仲良くなった美しい友人が行こうよと誘ってくれたり、小岩のオアシスと勝手に思っている友人も遊びにいくということを知り、わたしもいくぜ〜!と思った。
初めて、千葉駅に降り立った。いつものことだけどやっぱりいくのやめようかなって最寄駅でグダグダして、千葉駅についてもこのまま引き返してしまおうかと悩んで、気分的にとりあえずモノレールのろ!と思って、千葉駅から栄町までモノレールに乗った。テンションぶちあげ案件じゃないと思ったけど栄町の駅から場所のmuiにいきつくまで(3分ぐらい)、デンジャランス感がすごくてここでわたしは死ぬんだなと死期を悟ってしまうぐらいでした。カバンを強くもつ!という対策しかとってなかったけど。
Muiについて、わたしはこの扉を開くのか!?ハードル高すぎじゃねぇ!?と思ったけど意を決してがんばって扉をひらいたら村上さんがいてめっちゃ安心して、チケット代のお金を払ってすぐハイネケンを買ってのんだ。muiは、ドリンク全品500円で最高だった。一生入れると思った。
今日は東金B¥PASSが観たくて来た感じだった。この企画が東金主催だということをイベントがすすんだころに知るわたしは、多分というか結構な情弱。
途中、九龍にいってラーメンを食べたりした。深夜にラーメン、肌が死ぬと思っているけど今日は大丈夫。楽しいから。
ラーメンを経て、muiに戻った。深夜3時すぎの20分の寝落ち(ハイネケン)を握りしめて、、という状態とかあったけど、元気でみたのは本当全部かっこよくてたまらんかった。目的の東金はもちろん良かったし、Karavi Roushiとかめっちゃよかった。深夜のテンションなのか、それともそもそもの激情なのか、なぞだった。phonedeadさんも良かったし、いつもバンド演奏のライブを見るばっかりだったけど、DJの音楽を聴くのも楽しいなあと思った。DJをどういうこころもちというかどういう感じで聴いたらいいのかわからなくて難しいなって思った。音楽が興味あってもやっぱ深夜イベントに一人はきついなあって思ったりもした。
でも寝落ちしちゃったけど起きていたときは楽しかったし、寝落ちするんじゃないかとお酒の量をおさえたし、夕方からのライブより酒飲まなくて済んだんじゃないかと思った。
音楽を聴きながら色々思って、でも最近仲良くしてくれている人がその場にいてほっとするというか安心感があった。
小岩で遊ぶまでは、ライブハウスというか音楽に対して縁もたけなわかなと思うことが多かったけど、知らないことが多いんだなとめちゃくちゃ思う、最近。他人の影響を受けれることがこんなに嬉しいことなのかって思わなかったな。
千葉って本当、マリンで野球みるか、仕事でいく幕張メッセぐらいでいい思い出がないなと思ったけど今回行って、千葉に対して良い印象ができた、できたというか浦安で結構遊んでるねんな。