お兄ちゃんと一緒!

10・30
お兄ちゃんと会ってきた。お兄ちゃんというのはわたしの一つ上の完全血が繋がっている実兄である。顔も結構似ているよ!
お兄ちゃんは、一つ上なのだけど、説明するのがクソめんどくさいので省くけど1年はあいてません。
そんな兄ですがわたしより年収が倍やし、仕事はできるし、社交性はあるし、金払いはめちゃくちゃよいし、話がおもしろいし、なにより兄妹間で共通言語あるということが良いと思う。
今回お兄ちゃんと会う約束をしていたのは、会社でいくらをもらったからお兄ちゃんにわけてあげようと思った優しい妹根性からで賜物だった。
お兄ちゃんにいつも酒とご飯をたかっている妹としては、会社からまわってきた海産物を兄にまわさざるおえないという気持ちからくる、いくらもらったけどお兄ちゃんいる?というメッセージの送信だった。お兄ちゃん的には妹の酒とごはんを自分が出さないといけないから海産物の正当な評価額からみつもってもだいたいトントンかマイナスになって、かわいそうと思うことがある。
前日、小岩で飲んでいて、どうせ帰りたくないと思ってしまうから次の日休みにしていたのだけど、深夜4時まで飲んでしまい、もう内臓がへとへとだった。お兄ちゃんは東京の西方面に住んでいるし、仕事が忙しいので集合時間帯にこなかったのだけど、店で先に飲んでいてもいいよと言ってくれたので、早々に店に入り、ビールを飲んでいたのだった。
酒を飲み、適当なつまみを頼み、ぼーっとしていたらお兄ちゃんがきた。うちはわりと話があうタイプの兄妹なのでけっこう話が弾む。マッチングアプリで知り合った男性よりも話があうし、付き合った男性よりもお兄ちゃんと飲んだりする方がめちゃくちゃ楽である。全額払ってくれるからね!
お兄ちゃんにドラフトみた?どうやった?と聞いたら自分が思っていたことと同じことを思っていてまじで兄妹と思った。あと、今回の朝ドラがおもしろくない、じゃあなんで見ているの?と聞いたら、北村一輝の関西弁が聴きたくて見ている。あれを聴いてて破門の桑原を思い出して、続編ないのかなと考えると言っていて、全く同じことを思っていたなあと記憶をめぐらし、本当、やべぇぐらい兄妹だなと思った。自分の周りはきょうだいでうまくいっているところが多いので、仲が悪いという人のことが想像つかいないなあと思う。長期休暇のとき、実家帰って、ずっとお兄ちゃんとテレビ見ながら飲んでるし、やっぱりなんだかんだいってもお兄ちゃんしか頼る人がいないのが現実なんだろうなと思う。
そういうことを思いながら一緒に酒を飲み、予想通り兄が会計を済まして解散。
ブッシュバッシュに寄ったけど、全然お呼びでない感じがすごくて、ハートランドを飲んで帰宅。
小岩に来たら帰りたくないといつも思ってだらだら終電を逃しながらめちゃくちゃお酒を飲んでしまうのだけど、今回は30分で撤収。
過去より未来の話が聞きたいし、これを聞いてどうなるんだろうかっていうこともあるし、やっぱりゲイゴウするより自分がリスペクトする人の意見をガンガンとりいれていきたいと思った。